TOEIC教材一覧

このカテゴリーではTOEICの教材の選び方
について書きます。

今本屋さんのTOEIC本のコーナに行くと
TOEIC関連書籍のあまりの多さに驚いた人も
多いのではないでしょうか?

ここ最近TOEIC関連教材、書籍は
次々と出ています。

では良い教材、本がたくさん
出ているかというと
実情はそうでもないんですよね。^^;

TOEIC関連の本を出せば
売れるのではないかと考えて
出版社に勧められて
本を出版される人も多いと
聞きます。

ハズレを買わないためには
私達も良い教材、本を見抜く目が
求められていると言えます。

変な教材、本にお金を
無駄にしないように
しましょう。
(以下ではTOEICの本を
中心に書いていますが
TOEICの教材についても
考え方は同じです)

*良いTOEIC本を見抜くキモ

良いTOEIC教材、本を見抜く方法は
以外と簡単です。

それは著者(作者)を見れば
大体良いかどうかは分かります。

ではどういう著者が良いかというと

*毎回(ほぼ毎回)TOEICを
受験している

*TOEICで満点、又はそれに近い
点数を持っている
*TOEICをスクール等で教えている
*ブログ、ツイッターでTOEICに関する
情報を発信している

が挙げられます。

+毎回(ほぼ毎回)TOEICを受験している

毎回(ほぼ毎回)TOEICを
受験しないと行けないかというと、
TOEICは、傾向、問題の難易度が
変わっているからです。

そのため良い本を書こうと
思ったら毎回TOEICを受験し、
傾向、特徴をきちんと
把握しておく必要があります。

実際にTOEICの教材、本を
書いてる人の中には
ほとんど又は全くTOEICを
受験したことがことない
人がいます。

このような人が書いた本は
やはり質、内容が良くありません。

試験の内容や傾向が分かっていない
のだから当然ですけどね・・・

毎回TOEICを受験している人の
本を買うことをお勧めします。

朝日新聞出版の特急シリーズの
著者の本(神崎正哉さん、
森田鉄也さん、加藤優さん、
TEX加藤さん、濱崎潤之介さん、
花田徹也さん)であれば
まず間違いありません。
自信を持ってお勧めします。

+TOEICで満点、又はそれに
近い点数を持っている

必ずしも本の著者のTOEICの
点数が高いからといって
本の中身が良いとは言い切れません。

とはいえやはり著者自身の
TOEICの点数が低いということは
TOEICのことがよく分かっていない
可能性が高いので、著者のTOEICの
点数はチェックするようにして下さい。

990点満点でなくても良いですが、
最低950点以上は必要です。

+TOEICをスクール等で教えている

TOEICを教えた経験があるかどうかも
重要です。

自分が英語が出来るということと
上手く教えられるということは
全く違います。

プロ野球でもよく名選手名監督に
あらずと言われますよね。

やはりTOEICスクールで実際に
TOEICを教えている人は
学習者がどういうところで
つまづくかよく知っています。

ですから著者がTOEICをスクール、
大学等で教えた経験が
あるかどうかも
重要なチェックポイントだと
言えます。
(個人で教えている場合でも
大丈夫です。)

+ブログ、ツイッターで
TOEICに関する情報を
発信している

現代はソーシャルメディア
全盛の時代です。

多くのTOEIC書籍の著者はブログを
書いていますし、
ツイッターで情報発信している人も
多いですね。

是非著者のブログやツイッターを
見て下さい。

ブログやツイッターの投稿を見れば
その人の人間性や仕事に対する姿勢が
分かります。

本の良し悪しとその人の人間性は
結構関係があるので、
著者がどういう人かということにも
注意するようにして下さいね。

*リスニングの本を選ぶ時の注意点

リスニングの本を選ぶ時の注意点は
音声ファイルの形式です。

音声ファイルはCDで提供されるものと
MPS形式でダウンロードするものが
あります。

最近は書籍代を安くするために
音声をダウンロードするタイプの
本が増えています。

音声ファイルで一番重要なのは
問題1問毎に音声が別れているか
どうかということ。

模試だと正直なところ問題1問毎に
ファイルが別れていると
再生が大変なのですが、
通常のリスニングの書籍ならば
問題1問毎に音声ファイルが
別れている方が便利です。

理由は、問題1問毎に音声ファイルが
別れている方が復習がしやすいから。

問題が5問ごと、又は10問ごとに
別れていると、復習したい問題の
音声をすぐに再生することができません。

復習することを考えると
問題の音声ファイルは1問ごとに
別れている方が絶対に便利です。

手間がかかりませんからね。

まあこの辺りは好みの問題が
ありますが、頭の片隅に
入れておいて下さいね。

*リスニングの本の大きさ

家の机の上で学習するのでしたら
あまり本の大きさは気にならないと
思いますが、通勤、通学中に
学習するのでしたら
本の大きさは結構重要です。

朝日新聞出版の特急シリーズは
新書サイズなので、
バスや電車の中で本を広げて
学習してもそれ程かさばらないので
楽に学習できます。

自分が主に勉強する場所を考えて、
本を選ぶようにして下さい。

*リーディングの本を選ぶ時の注意点

+語注があるかどうか

リーディングの本を選ぶ時に
気を付けて頂きたいのは
語注(単語の意味が書いてある)
があるかないかということです。

パート5、6、7の
どのパートの本であっても
語注がないと分からない単語が
ある度に辞書を引かないと
いけなくなってしまいます。

語学学習をする上では、
辞書を引くことは
もちろん大切ですが、
TOEICの学習者の多くは
お仕事をお持ちの方だと思います。

働きながら英語を学習するのであれば
やはり学習者に負担の少ない方法で
学ぶのが一番ですよね。

ちなみに朝日新聞出版の読解特急も
1には語注がありませんでしたが、
読者からの要望が多かったので、
新しい版(2から)には
語注がついています。

やはり学習者には語注が
必要なようです。

+音声ファイルがある

これは絶対に必要と
いうわけではありませんが、
音声ファイルがついていると
便利です。

音声ファイルを聞くことで
リーディングとリスニングの
トレーニングが同時にできるので
一石二鳥ですよね。

あと学習した英文を何度も聞くことで
英語の処理速度が上がり、
速読力もアップします。

リスニングでは音声は消えていくので
英語を英語の語順で理解する必要があります。

リスニング力がアップすると
必然的にリーディング力も
同時に上がります。

英語を英語の語順で
理解できるようになれば
英語を読むスピードも
確実に速くなりますから。

是非リーディングの本の
音声ファイルを有効に活用して、
リスニングとリーディング
のトレーニングを同時に
やってしまいましょう。

*まとめ

昨今の英語ブームを反映してか
TOEICの本は毎月たくさん出版されています。

確かに良い本も出版されていますが、
「本当にTOEICのことを分かって書いているの」
という本も少なくありません。(毒)

お金が儲かれば何でも良いと
いう姿勢では、読者は
困ってしまいます。^^;

上に書いたことに気を付けて
TOEICの書籍を選んで頂ければ
大丈夫ですよ。

又個別記事でTOEICの書籍について
書いていきますね。

一緒にスコアアップを目指して
頑張りましょう。(^o^)

パート1・2特急難化対策ドリルのレビュー。解いた感想

パート1,2特急を解いてみた感想とレビューに ついて詳しく書いています。最近リスニングでは 特にpart2が難しくなっていると言われていますので、 しっかりとした対策が必要です。パート1,2特急の 購入を考えている方は是非記事を参考にして下さい。

文法特急2(花田徹也)のレビュー。1と2の違いは?

文法特急2のレビューについて書いています。 この書籍も発売から10年以上経っていますが 今でも学習者の間で人気があります。 又文法特急1と2の違いについても 説明しています。 文法特急2のレビューについて知りたい方は 是非記事を参考にして下さい。

TOEIC 公式問題集 5のレビュー。解いてみた感想

TOEIC 公式問題集 5のレビューについて書いています。 約半年ぶりの新刊ですが、リスニング、リーディングの 問題の質、レベル、各パートの難易度について 詳しくレビューしています。 TOEIC 公式問題集 5の購入を考えている方は 是非参考にして下さい。

TOEIC 特急シリーズ 初心者向けに厳選した7冊を紹介

TOEIC 特急シリーズでどの本が初心者向けについて 書いています。あまりにもたくさん種類があって どの本を選べば良いか迷っている人も多いのでは ないでしょうか?TOEIC 特急シリーズの初心者に 適している書籍を知りたい人はこの記事を 是非参考にして下さい。