スポンサーリンク

TOEIC800点突破に必要な参考書。おすすめはこれ

TOEICで初級は大体470点ぐらいで
中級が600点、上級が800点がぐらいだと
考えられています。

TOEICで800点を取得していると
英語が出来ると評価され、
就職でもかなり有利になります。

ただTOEIC800点を取得するには
壁があるとよく言われています。

今回の記事ではTOEIC800壁を突破する
ために、必要な参考書について書きます。

スポンサーリンク

1.TOEIC800点突破に必要な参考書

TOEIC800点突破に必要な参考書を
最初に紹介します。

総合対策

実は総合対策で800点向けの本は
ほとんどありません。

少し難易度は高くなりますが、
900点向けの書籍を使うのも
1つの手です。

参考記事

TOEIC900点突破に必要な参考書おすすめはこれ。

リスニング問題集

単語集

文法

模試

スポンサーリンク

2.TOEIC800点をどう取るか?

TOEIC800点を取得するには
約82%(164問)の正答率が必要だと
言われています。

TOEIC800点を目指す場合
スコアの1つの目安はリスニングが
430点、リーディングが370点です。

リスニングが430点であれば
正答数は大体89問前後、
リーディングが370点であれば
76問前後の正答数が必要になります。

800点を目指している方は
リスニング、リーディングで
この正答数をどう取るかを
考えていく必要がありますね。

スポンサーリンク

3.TOEIC800点を取るためのリスニング学習法

リスニングで430点を取るためには
約89問の正答が必要です。

800点を目指しているレベルの方であれば、
リスニングの基本的力はあると
思われます。

特に苦手なパート、問題がない方は

等の模試をどんどん解いていけば
スコアをさらに伸ばすことは
可能です。

最近のTOEICの公開テストでは
パート2の問題が難化していると
言われています。

パート2の問題が苦手な方は
この参考書をやってみて下さい。

この書籍にはパート1,2の
難問240問が収録されています。

パート2の問題の写真が少し小さいのが
難点ですが、問題の質、解説は
とても良いですね。

800点を目指している方の中には
パート3,4の新形式の問題が
苦手な方がいらっしゃるかもしれません。

新形式の問題が苦手な方は、

をお勧めします。

この書籍は、発行されたのが2016年なので
最近の公開試験の試験の問題と比較すると
やや問題が易しいですが、新形式の問題
だけを200問解くことが出来ます。

問題の解説も分かりやすいですし、
対話形式のパワーアップトークも
問題を解くヒントが満載です。

新形式の問題で、会話の意図を
問う問題とビジュアル問題
(表、グラフ)は先読みをしておいた
方が解きやすいですね。

リスニングで430点を取るためには
パート1,2で4,5問ミスまでに押さえて
パート3,4を6,7問ミスで乗り切れば
大丈夫です。

全体のミスを11問以内に抑える
ように学習しましょう。

スポンサーリンク

4.TOEIC800点を取るためのリーディング学習法

リーディングで370点を取るためには
約76問前後の正答が必要になります。

このレベルの方は、何とか
パート5,6を25分から30分で
終わらせて、パート7に50分から
45分を回したいところ。

ただ最近のリーディングは難化傾向に
あるので、無理して最後まで終わらせる
より、確実に正答できる問題の数を
増やした方が良い気がします。

単語集は

をお勧めします。

定番の「金フレ」でも良いのですが、
プラチナボキャブラリーは
文中で覚えるタイプの単語集ですので
800点を目指す人にはこちらの方が
良いような気がします。

文法対策にはやはり

ですね。

問題のタイプ別に解いていくのも
良いですが、このレベルの方であれば
別冊の文法模試でアトランダムで
解いていく方が良いかもしれません。

パート7が苦手な人には

が良いです。

この本は問題のタイプ別に
どのように解けばよいかを詳しく
解説しています。

解説は対話形式になっているので
読みやすいです。

模試では

がお勧めです。

精選模試はTOEICスクールのエッセンスの
講師陣が問題を作成しているので
問題の質、量とも優れています。

国内模試ではベストだと思います。

YBM超実戦模試は最近発売された
ばかりですが、TOEICerの間で
話題になっている模試。

現在のTOEICの公開テストの問題は
ETSではなく、YBMが作成していると
言われています。

ということは YBM超実戦模試は
公式問題集と同じと言えます。

現在日本で販売されている
公式問題集の難易度は、
最近の公開試験と比較すると
易しいのが現状。

YBM超実戦模試の方が現在のTOEICの
公開試験の難易度に近いので、
YBM超実戦模試を解いた方が
良いと思います。

スポンサーリンク

5.TOEIC800点突破に必要な参考書のまとめ

まとめ▼

・全体で82%(164問)の正解を目指す
・リスニングは89問の正解を目指す
・リーディングは79問の正解を目指す

よく言われることですが、TOEICは
スコアが上がるにつれて、スコアが
伸びにくくなります。

ただがむしゃらに学習していても
700点台までは取れますが、
800点にはなかなか到達しないことが
多いですね。

800点を取るためには何問正答すれば
良いかをきちんと知り、自分が苦手なパートを
中心に学習すれば、必ず800点は
取れます。

特に最近の公開試験はリーディングが
難しいことが多いので、
まずはリスニングで430点前後取れる
レベルまで持っていった方が
短時間で800点に達します。

学習している途中で伸び悩みを
感じることもありますが、
正しい方法で学習を継続すれば
必ず結果は出ます。

TOEIC800点を目指して一緒に
頑張りましょう。

関連記事▼

TOEIC700点突破に必要な参考書。おすすめはこれ
TOEIC900点突破に必要な参考書。おすすめはこれ
TOEIC800点の壁を超える効率の良い学習法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする