スポンサーリンク

第257回TOEICの感想。 問題の傾向と各パートの難易度

第257回TOEICの公開テストを受験してきました。

試験会場は福山の英数学館高等学校。
家から車で約50分と近いので移動がとても楽でした。

スポンサーリンク

1.第255回TOEIC公開テスト パート毎の感想

パート1 やや難
パート2 普通
パート3 やや難
パート4 普通
パート5 やや難
パート6 普通
パート7 やや難

私が受けたフォームは1番が男性床を掃除しているフォームです。
(フォームは数種類ありますのでご注意ください)

スポンサーリンク

2.第245回TOEIC リスニングの難易度

+パート1

今回も後半の問題が少しやっかいでした。
特に5番は悩んだ人が多かったのではないでしょうか?

人とモノが両方写っている写真は難易度が高いことが多いので注意して下さいね。

+パート2

今回は難易度は普通ですが、易しいというわけではありません。

最近の難化傾向の問題からすると普通と感じました。

今回の問題は最近の公開テストの中では比較的ストレートな応答が答えになる問題が
多かったのではないでしょうか?

最近はツンデレ系の応答が多いですね。

I don’t know. I’m not sureのような応答がよく出ます。

今回は平叙文に対する応答を答える問題が少なかったのでいつもよりは少し楽だったですね。

+パート3

今回のパート3はやや難しめでした。
3人の会話はいつも通り2セット。

今回も問題のセットによってかなり難易度に幅がありました。

今までによくあったシチュエーションの問題もあれば今までにあまり出題されたことのないタイプの問題もありました。

意図問題は1問難しい問題がありましたね。

意図問題は会話のトーンにもヒントがありますので、よく聞いて答えるようにしましょう。

+パート4

難易度は普通としましたがいくつか難しいセットの問題がありました。

パート3同様にナレーターによって問題の難易度にかなり差があります。

1人のナレーターしか登場しないので、当たり前と言えば当たり前ですが・・・

パート4も意図問題で1問難問がありましたね。

意図問題はひねろうと思えば、いくらでも難しく出来ますので、多分今後も難しい問題が増えるような気がします。

パート4は会話のトピックが何かを意識して聞くと解きやすいです。

あと会話の最初に質問の答えの手がかりが出てくることが多いので、会話の最初の部分を聞き逃さないように気を付けて下さいね。

+リスニングまとめ

今回のリスニングの問題は255回程は難しくなかったですが、全体の難易度は決して易しくはありません。

特に最近出てきたイギリス人ナレーター(オーストラリア人?)は少し鼻が詰まったような声で話すので、聞き取りにくいです。

なぜ毎回イギリス人、オーストラリア人ナレーターは聞き取りにくいのでしょうか?

やっぱり私達日本人が慣れていないからでしょうね。

今回このナレーターの問題を何問か聞き逃してしまいました。

第255回TOEICの感想でも書きましたが、全体的にナレーターの話すスピードが速くなっていますのでしっかりとしたリスニング力を身につけましょう。

今回の試験はリスニングの満点取れていれば良いですが、満点が3問ミスまでであれば多分無理ですね。(^^)/

スポンサーリンク

3.第245回TOEIC リーディングの難易度

+パート5

今回の難易度はやや難しく感じました。

めちゃくちゃ難しい単語が出ているわけではないですが解きにくい問題が数問ありました。

TOEICの問題を作っているETSは日本人の弱点をよく知っているので、日本人が間違えやすい問題を出題します。

パート5は問題演習をたくさんすることで瞬殺出来る問題が多くなりますので、問題をたくさん解くようにしましょう。

最近は定型表現を聞く問題がほとんど出ないので、初中級者の方は時間がかなり厳しいと思われます。

+パート6

今回の問題の難易度は普通ですが、文挿入問題に難問がありました。

最近のパート6はセット、問題によって難易度にかなり差がありますので
初中級者の方は難問に時間をかけすぎないようにしましょう。

+パート7

今回のパート7の難易度はやや難としましたが、かなり難しく感じました。

問題毎の難易度は

シングルパッセージ やや難
ダブルパッセージ 普通
トリプルパッセージ やや難

という感じでしょうか。

今回はシングルパッセージの最初の問題が難しく、出鼻をくじかれました。

知らない単語が2つもあり、柄になく焦ってしまいました。

そこから時間がかなり厳しくなり、昨年の11月以来の塗り絵を4問もする
羽目になってしまいました。( ;∀;)

TOEICのリーディングはシングルパッセージの最初の問題が易しくだんだん問題が難しくなると言われますが、最近はこのセオリー通りにいかないことが多いです。

特に初中級者の方は簡単セットの問題を1問でも多く解いた方がスコアが上がりますので、
難しい問題をいつまでも考えないように気を付けて下さいね。

ダブルパッセージ、トリプルパッセージも難しい問題のセットの問題がありました。

時間不足でしっかりと読むことが出来ませんでしたがトリプルパッセージの最後の問題は
目新しい問題で面白かったです。(最後までできなかったけど・・・)

+リーディングまとめ

リーディングの私の所要時間は

パート5 8分
パート6 7分
パート7(シングルパッセージ) 34分
パート7(ダブルパッセージ) 11分
パート7(トリプルパッセージ) 15分
合計 75分

で上にも書きましたが、4問塗り絵になりました。

今回はシングルパッセージの最初の問題でつまづいたのが響きました。

後最近のリーディングの問題の単語のレベルがかなり上がっています。

シングルパッセージの最初の問題も意味が分からない単語が2つあったので、選択肢を絞り込めず時間をロスしてしまいました。

今までは金フレをやっておけば単語については大丈夫でしたが今後は黒フレもやっておいた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

4.第257回TOEIC公開テストのまとめ

今回は私が受験したフォームはリーディングが難しかったです。

今回はパート7が特に難しく感じましたが、パート5,6が易しかったというわけではありません。

2016年に新形式のTOEICになりましたが、TOEICは年々難しくなる一方です。

公式問題集の1,2,3は現在の公開テストの問題の難易度、傾向にあっていませんので、新しい公式問題集を使うか、韓国のTOEICの過去問をやることをお勧めします。

今回は950点ないような気がします。

もう一度修行して出直して来ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする