スポンサーリンク

第234回TOEICの感想。難易度と問題の傾向を解説

4ヶ月ぶりにTOEICの公開テストを
受験してきました。

試験会場は広外語専門学校。

テストの感想について書きます。

スポンサーリンク

1.第234回TOEIC公開テスト パート毎の感想

パート1 やや易

パート2 やや難

パート3 普通

パート4 普通

パート5 やや易

パート6 普通

パート7 やや易

私が受けたフォームは1番が
家が写っていて、男性が芝刈りを
しているフォームです
(フォームは数種類ありますので
ご注意ください)
今回のフォームは2種類だったようです。

2.リスニングのパート毎の感想

+パート1の難易度

今回も特に難問はありませんでした。
強いて言えば5番が少し難しい
かもしれませんが、消去法を
使えば問題ないですね。

最近は人が1人で写っていて
その動作を描写する問題は
減っている気がします。

この問題は動詞だけ注意して
聞いていれば良かったので
簡単だったのですが、
最近はあまり出ていません。

人と風景が写っている問題は
描写のパターンが様々なですので
細部まできちんと聞くことが
必要ですね。

このパートは初中級者でも全問正解
出来ると思います。

+パート2の難易度

最近の公開テストではほぼ毎回
難しいパート。

今回もやや難しかったですね。

今までは前半の問題は易しく、
後半(30番代)から難しくなって
いましたが、最近は最初から
難しい問題が出ますので、
気を付けましょう。

最近の傾向として定着していますが、
間接的な応答が多いですね。

例えば

Q:○○はいつあるの?
A:キャンセルになったんじゃなかった?

のような応答です。

普通に聞いていたら
「あれ、答えがない」
と思ってしまうので
気を付けましょう。

平叙文の応答も多いので
今回も初中級者の方には
厳しかったかもしれません。

私も数問自信がありません。^^;

パート2はほんの少し聞き逃してしまうと
正しい答えを選ぶことが出来ません。

集中力が少しでも切れると
ミスしてしまいます。

分からない問題はスパッと諦めて
次の問題に備えましょう。

分からない問題を考えていて
次の問題を聞き逃したら
大惨事ですから・・・

今回は新登場のイギリス人女性ナレーター
が聞き取りにくく、苦戦しました。

聞き取りにくい原因は
声が甲高い声です。

私は聞き取りにくいナレーターの
時は口パクでシャドーイングを
するようにしています。

集中力を保つには口パクの
シャドーイングは効果がありますので
試してみて下さい。

+パート3の難易度

特に変わりなく、いつも通りの
難易度でしたが、1,2セット
難しい問題がありました。

3人の会話は今回も2セット。
会話の内容はそれ程難しくなかったので
答えやすかったと思います。

会話の意図を問う問題は
1問やや難しい問題がありました。

会話の意図問題は質問の選択肢が
長いので、なるべく先読みを
しておいた方が良いと思います。

ビジュアル問題は問題によって
難易度に差がありますが、
席順、店のレイアウトを問う問題は
選択肢を先読みしておいたほうが
スムーズに解けますね。

全体的に話者の発話スピードが
早くなっているので、
初中級者の方にはかなり難しく
なったように感じるかもしれません。

以前の公式問題集で学習している人は
1.2~1.5倍の速さで再生して
問題を解いた方が良いでしょう。

私も数問聞き取れず、
適当にマークしました。(泣)

+パート4の難易度

こちらも特に変わりなく
いつも通りの難易度。

ただビジュアル問題の
店のレイアウトの問題を問う問題は
見事に聞き逃し撃沈。^^;

あの甲高い声の新登場のイギリス人
女性ナレーターの問題は
集中力を高めて聞かないと
聞き逃してしまうので
要注意ですね。

全体的には標準的な難易度ですが、
数問解きにくい問題が
含まれている感じです。

中上級者の方は先読みがきちんと
出来れば、それほど苦戦することは
ないと思います。

+リスニングまとめ

今回のリスニングの難易度は
普通からやや難でした。

上にも書きましたが、
新登場のイギリス人の女性ナレーターは
声が甲高くかなり聞き取りにくいですね。

声のトーンも問題によって
変わるので、なかなかやっかいです。

男性の新ナレーター(イギリス人か
オーストラリア人)もややこもった
話し方をするのでこちらも
聞き取りにくい印象。

昔から出ているナレータと比較すると
新ナレーターは全般的に話すスピードが
早いので、注意が必要です。

これからも新ナレーターは
出てくると思うので、
色々な人の話し方に慣れる必要が
ありますね。

現行の公式問題集よりも
早く話される英語も
聞いておいた方が良いように
感じます。

スポンサーリンク

3.リーディングのパート毎の難易度

+パート5の難易度

今回の難易度はやや易しかったように
感じました。

語彙問題も文法問題共に
答えに迷う問題はありませんでした。

ただ初中級者が即答出来る問題は
減った気がします。

以前は定形表現の問題
(both A and B, either A or B)
が数問出ていましたが、
最近はあまり見なくなりました。

初中級者の方にとっては
以前より難しく感じられるかも
しれませんね。

+パート6の難易度

今回の問題は普通の難易度でした。

相変わらず文脈依存する問題が
多いですが、答えに迷う問題は
ありませんでした。

文挿入問題も今回はそれ程
難しい問題はなかったように
感じましたね。

今回のパート6は時間をあまり
かけずに処理したいです。

+パート7の難易度

最近難化が著しいパートですが、
今回はやや易しめでした。

問題毎の難易度は

シングルパッセージ:やや易
ダブルパッセージ:やや易
トリプルパッセージ:普通

という感じです。

今回もいつも通りシングルパッセージの
問題から順番に解きました。

ダブルパッセージまではかなり早く
解けましたが、トリプルパッセージの
最後の問題に少し時間を
取られてしまいましたが
時間内に解くことは出来ました。

今回のパート7の問題は
難しい単語もあまりなく
クロスレファレンス(複数文書を
参照する問題)もそれほど難しく
なかったです。

ただトリプルパッセージの最後の問題は
少し手がかかりました。

パート7も他のパートと同様に
基本的には最初の問題は易しく
だんだん難しくなっていくことが
多いですが、最近の公開テストは
最初の問題から難しい問題が
出る問題ことがあります。

時間内になるべく多くの問題を
解くためには、なるべく簡単な
問題から解くようにしましょう。

+リーディングまとめ

リーディングの私の所要時間は

パート5 10分
パート6  6分
パート7 SP 31分
パート7 DP 8分
パート7 TP 12分
合計 67分

でした。

最近受験した中では
早く終わった方です。

ただ正答率が高いかは
怪しいですね。^^;

スポンサーリンク

4.第234回TOEIC公開テスト 結果

先日第234回TOEICの結果が出ました。
結果は・・・・

何と2年半ぶりに950点を切りました。(;_;)

リスニングはあまり出来た感触が
なかったので、475点は仕方がない
かなという感じです。

でも正直に言うと久しぶりに満点を
逃してショックです。

今回の公開テストで一番驚いたのが
平均点。なんと599.5点と
600点目前。

近い内に600点に達するかもしれませんね。

でもこの結果を見て、テストの客観性を
保つためETSは問題の難易度を
さらに上げてくるのではないかと
私は思っています。

どうしても似たようなレベルの問題を
出していると、受験生も対策を
してきますので、平均点が上がるのは
仕方がないかもしれません。

受験される方は、今後は公開テストの
難易度が上がるかもしれないと
覚悟して、対策をしましょう。

その方が例え問題が難しくても
ショックが少ないですからね・・・

スポンサーリンク

5.第234回TOEIC公開テストのまとめ

今回は私が受験したフォームは
易しかったですが、
他のフォームは難しかったようです。

私が受験したフォームは難易度が
低めなので、リスニングが
3から5問ミス、
リーディングは全問正解か
1問ミスまでが495点だと思われます。

今回はリスニングが3問以上ミスした
かもしれませんので、リスニングが
満点取れている自信がありません。

リーディングは大体問題が
易しい時はスコアがあまり良くないので
期待しないほうが良さそうです。

今回もあまり準備できずに
受験となってしまいました。

次回は236回(12月)を
受験する予定です。

今度こそは990点満点取れるように
頑張ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする