スポンサーリンク

TOEICの仕事で使えるレベル。何点必要?

最近では就職、昇進、転職時に
TOEICが必要になることが多いと
よく言われます。

日本企業のグローバル化により
海外企業との取引が増え、
英語が出来る人が求められています。

多くの方はビジネスで必要な英語力は
大体TOEICで何点ぐらいなのかと
思われているのではないでしょうか?

今回はTOEICで何点あれば仕事で使える
レベルなのかということについて
書きたいと思います。

スポンサーリンク

1.TOEICの仕事で使えるレベルの結論

おおまかに言うと、
仕事で使えるレベルのTOEICのスコアの
最低ラインは600点です。

ただTOEIC600点レベルで出来ることは
かなり限られますね。

大体の通常業務がこなせるのが
700~750点ぐらい。

英語での交渉、議論が出来レベルは
860点以上です。

以下詳しく見ていきたいと
思います。

2.TOEIC600点の英語力

TOEIC600点はビジネスで英語が使える
最低ラインのスコアです。

英検で言えば準2級から2級。

コミュニケーションレベルは
ゆっくり話してもらえば
何とかコミュニケーションが取れる
というレベルです。

自分から積極的に英語を話して
コミュニケーションを取るのは
まだ難しいですね。

日常業務で言うと
英語のメールを読むのは時間がかかるけど
何とか言いたいことが分かるというレベル。

自分で英語のメールを書くのは
このレベルではまだ無理だと思います。

ただ日常業務でそれ程頻繁に
英語を使わないのであれば
TOEIC600点ぐらいあれば大体大丈夫です。

3.TOEIC700~750点の英語力

700点から750点はレベルで言えば
ちょうど中級レベルと言えます。

英検で言えば2級から準1級位。

コミュニケーションレベルは
日常業務であれば大体問題なく
やり取りが出来るレベル。

メールのやり取りぐらいであれば
かなりズムーズに問題なく
出来るようになります。

ただスピーキングの能力は
かなり個人差があるので
一概には言えないですね。

このくらいのレベルになると
ビジネスでのやり取りは
あまり問題がなくなります。

又企業にもよりますが、
国際部門への配属の基準になる
スコアはTOEIC730点ですので
国際部門で働きたいと思っている人は
TOEIC730点をクリアーしておきましょう。

4.TOEIC860点以上の英語力

TOEIC860点と言えば全受験者の
大体5%に入りますので
上級レベルと言えます。

英検で言えば準1級から1級レベル。

コミュニケーションレベルは
業務で必要なことはほぼ問題なく
やり取りが出来ます。

ビジネスでの議論やディスカッションも
出来ますし、簡単な翻訳や通訳も可能。

海外赴任の目安となるスコアは
大体860点ぐらいの企業が多いです。

英語を使ってバリバリ仕事をしたいと
思っている人はTOEIC860点以上、
出来れば900点以上を目指しましょう。

5.外資系企業に勤めた経験から言えること

プロフィールにも書いていますが、
私は大学を卒業して外資系の
エネルギー関連の会社に就職しました。

この会社は資本の約半分を
アメリカ企業が出資していましたので、
役員、本部長、部長クラスに多くの
外国人がいましたね。

私が所属していた財務部は
本部長が外国人(アルゼンチン人)
でしたので、仕事で英語を
結構使っていました。

決済書類は全て英語で作成していましたし、
役員会議の書類も全て日本語と
英語の両方で作る必要がありました。

外資系企業と言うと、
英語を話す機会が多いように思われる
かもしれませんが、
実はそれ程多いわけではありません。

英語を話すのは、
本部長との仕事上での簡単なやり取り、
パーティー、ビジネスランチでの
外国人社員との会話ぐらい。

海外出張が多い海外営業の仕事を
している人を除けば、
ビジネスで英語を話すことは
おそらく皆さんが思っているよりは
はるかに少ないと私は考えています。

そもそもビジネスでは重要な事項に
ついては口頭で済ますことは
まずありません。

必ず書面を作成し、確認しますので、
やはり英語を読む、書く力が
重要になってきます。

外資系企業であれば、
当然英語が出来る人が
多いだろうと思われるかもしれませんが、
英語が出来る人の割合は
かなり低かったですね。
(25年前の話です)

就職不況期ということもあり、
同期45人の80%以上は、東大、京大等
の旧帝大か早慶出身でしたが、
おそらくTOEICの平均点は500点
ありませんでした。^^;

又上司を見渡しても
英語ができる人の割合は
ざっと10%ぐらいかな。

しかもなぜか英語が出来る人は
TOEICを受けたことがなかったりします。^^;

外資系企業でも当時は
英語が必要な時は英語が得意な人に
任せていました。

外国人の社員もたくさんいましたが、
社内通訳の人がいて、
その人がついていましたので、
一般社員は英語が出来なくても
何とかなっていたのが実情。

ただ本部長クラスになると
英語が出来ないとダメだと
言われていました。

英語が出来ないがために
役員になれなかった部長も
いましたので、出世のためには
英語が出来ることは重要だった
かもしれませんが・・・

私の話はかなり前のことなので、
現在は情勢は変わっていると
思いますが、外資系企業でも
一番重要なことは仕事がきちんと
出来ることですね。

仕事が出来ないけど、英語が出来ると
いう理由で出世した人はおそらく
1人もいなかったように思います。

英語のスキルはあくまで補完的
なものですので、
まずは本業の仕事をしっかりと
頑張ることが重要だということは
今でも変わっていないと
私は考えています。

5.TOEICの仕事で使えるレベルのまとめ

大体の企業であればTOEICのスコアは
700点から750点あれば大丈夫です。

英語のプロジェクトに関わっている人や
海外赴任をしたいと思っている人は
860点以上を目指して下さい。

又上にも書きましたが、
ビジネスではメールを読んだり、
書いたりする機会が非常に多いので
英語が読み書き出来る能力がとても
重要です。

TOEICでは読む力は身につきますが、
書く力は身につきません。

TOEICのリーディングのパート7に
出てくる表現は実際のビジネスで
使える表現がたくさんあります。

パート7のに出てくるフレーズで
ビジネスで使えそうなものは
書き留めておいて、実際に使ってみて下さい。

実際に使うことによって
英語は身につきます。

TOEICはビジネスでも役に立たないと
言われますが、要は取り組み方次第です。

TOEICの学習は実際の仕事に
活かせますので、頑張りましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする