スポンサーリンク

TOEICとセンター試験。難易度の比較とスコアの相関関係 

最近TOEICの公開テストを受験しにいくと
高校生の受験生を多く見かけます。

TOEICは、2020年度からの
大学入試共通テストの外部試験の
1つに指定されましたので、
今後TOEICを受験する高校生の数は
益々増えるのではないかと思われます。

高校生にとって一番馴染みがある試験は
センター試験ですね。

今回の記事ではTOEICとセンター試験を
比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

1.センター試験満点=TOEIC780点=英検準1級?

2020年度からの大学入試共通テスト
の導入を見据えて、一部の大学では
TOEICで780点を取得すると、
センター試験を満点扱いにしています。
(国際教養大学等)

又英検準1級を取得してもセンター試験が
満点扱いになる大学もあります。
(広島大学等)

これらを併せて考えると
センター試験満点=TOEIC780点=英検準1級
と考えがちですが、話しはそう単純
ではありません。
(そもそも試験内容が異なるので
単純に比較することは出来ません)

センター試験、TOEIC780点、
英検準1級の難易度は
単純に比較は出来ませんが、
独断と偏見で難易度を比較すると、

TOEIC780点<英検準1級<センター試験満点

だと思います。
(英検準1級は合格最低点で
合格したものと考えています)

センター試験は試験自体の難易度は
それ程高くはありませんが、
満点を取るのは結構大変ですね。

TOEIC780点、英検準1級、センター試験満点
の3つであれば、おそらくTOEIC780点が
一番簡単だと思います。(人にもよりますが)

スポンサーリンク

2.センター試験とTOEICのスコアの相関(実例)

以前の記事にも載せていますが、
私が今までに指導した生徒のセンター試験と
TOEICのスコアを参考までに書きます。

どの生徒もTOEIC対策を全くすることなく、
TOEICの公式問題集、TOEIC IPテストを
受けた時のスコアです。

1.龍谷大学 経済学部へ進学した生徒(男)

高校時代の成績 英語の偏差値60から65、
センター試験のスコア 筆記148点 
リスニング 38点

TOEICのスコア 570点
(リスニング300点 リーディング270点)

本番のセンター試験のスコアは
148点でしたが、普段は160点から
170点ぐらいはとる生徒でした。

リスニングとリーディングのバランスは
まずまず。
リーディングは15問から20問時間が足りず、
最後まで解ききれていませんでした

指導した感じではTOEICの問題を解いて
設問形式に慣れればあと2,30点は
上がりそうな感じがします。

この生徒は大学入学後に
TOEICのスコアが650点を超えたと
いう報告がありました。

2.麻布大学獣医学部へ進学した生徒(A.O入試)(男)

高校時代の成績 英語の偏差値

65から70(マーク模試)、
センター試験のスコア 筆記191点 
リスニング 26点

TOEICのスコア 610点(リスニング200点 リーディング410点)

この生徒はリスニングが極度に苦手なので
あまり参考にならないかもしれません

(本番の26点も奇跡のような点です。
模試では大体10点代でした。^^;)

しかし何というリスニングとリーディングの
バランスの悪さ。

リスニングが苦手な理由は、単語をあまりに
短期間で覚えたので、発音を適当に
覚えてしまったから。(私の指導ミスです。^^;)

センター試験の筆記は解くのが早く、
60分前後でいつも解き終わっていました。

TOEICも旧形式でしたが、
時間内に全問解答していましたね。

高校生で対策無しでリーディング400点
はかなり高いスコアではないでしょうか?

おそらくリスニングのトレーニングをすれば
700点はすぐ超えて、上手く行けば
800点も超えるのではないかと思っています。

3.近畿大学法学部へ進学した生徒(内部進学)(男)

高校時代の成績 英語の偏差値50から55(マーク模試)、
センター試験のスコア 筆記130点 
リスニング 28点

TOEICのスコア 370点(リスニング200点 リーディング170点)

この生徒は英語が苦手で指導開始時の
偏差値は40ありませんでした。

何とかセンター試験では130点取りましたが、
時間はギリギリだったそうです。

TOEICを受験した感想は
リスニングは集中力が持たず、
リーディングは30問ぐらいが解けず、
塗り絵(適当にマークすること)に
なったみたいです。

この生徒からも大学入学後に
TOEICのスコアが550点になった
という報告が先日ありました。^^

スポンサーリンク

3.センター試験とTOEICのスコアの相関表

独断と偏見でセンター試験と
TOEICのスコアの相関表を
作ってみました。

センター試験 TOEIC
200 700
190 650
180 620
170 570
160 520
150 480
140 450
130 400
120 350

*上の表はTOEICの対策をすることなく
高校生がTOEICを受験した時に
予想される得点です。

対策をして受験すればスコアは
50点から150点程高くなります。
(特に得点が上位の層はかなり点数が
上がると思います。)

(当然のことですが、個人差がかなりあるので
上記の得点からプラスマイナス50点前後の
スコアの幅はあると考えて下さいね。

センター試験もTOEICも短時間で
大量の問題を解かないといけないと
いう点では似ています。

ですから英検とTOEIC,英検とセンター試験
よりは、センター試験とTOEICの点数の方が
相関性は大きいと個人的には思っています。

ただセンター試験が時間内に終わる生徒でも
TOEICを時間内に全問解き切るのは
かなり難しいということを
指導していて感じます。

センター試験で高得点を取っている生徒でも
TOEICでハイスコアを取るためには
試験に対する慣れが必要ですね。

スポンサーリンク

4.高校生がTOEICで高得点を取るには

センター試験はリスニングが50点、
筆記試験が200点の合計250点です。

一方TOEICは、リスニングが100問、
リーディングが100問とリスニングの
比重がセンター試験よりも高い試験。

ですからリスニングが得意な生徒の方が
TOEICでは高得点を取りやすいです。

特にTOEICは問題数が100問と多いので
最後まで集中して、問題を解けるかどうかも
結構重要なポイント。

そのためには公式問題集やTOEIC模試で
問題演習をして、100問解くことに慣れておく
ことが必要になってきます。

TOEICが発表しているデータを見ても、
リーディングの高校生の
平均点はかなり低いので解ける問題を
1問でも解くことが大切です。

まずパート5,6でしっかり得点し、
後は出来る限りパート7で点数を
取るようにしましょう。

特に高校生にとってリーディングを
時間内に全問解くことはかなり難しいので
解ける問題を確実に解くほうが
ハイスコアが出やすいです。

まずカギになるのは
パート5,6の正答数を上げることだ
と私は思います。

パート5,6がある程度出来るように
なってからパート7の対策に
移ったほうがスムーズに学習が
進みます。

スポンサーリンク

4.TOEICとセンター試験まとめ

まとめ▼

・センター試験とTOEICはある程度
 相関関係がある
・センター試験高得点でもTOEICを
 時間内に解くのは難しい
・リスニングが得意な方が
 TOEICでは高得点を取れる

TOEICが、2020年度からの
大学入試共通テストの外部試験に
採用されましたので、
今後益々TOEICを受験する高校生の
数は増えることが予想されます。

高校生の間で、今までは英語の試験と
言えば英検が主流でしたが、
今後はTOEICもかなりメジャーに
なるでしょう。

私はきちんとした英語力があれば、
英検にも合格できるし、TOEICでも
ハイスコアが取れると考えています。

ただ大学入試で必要となってくると
また話が少し変わってくるのではないかと
少し心配しています。

それは英語力を上げるのではなく、
試験対策やテクニックに
走ってしまうのではないかということ。

英検やTOEICの試験対策も重要ですが、
まずは英語の基礎力
(単語、リスニング、文法)
をしっかりと固めましょう。

英語の基礎力があれば、短時間の試験対策でも
スコアを上げることは十分可能です。

大学入試のシステムが
大きく変わっていますが、
大切なのは地に足がついた学習です。

大学受験を乗り切るために
英語学習を頑張りましょう!!

関連記事▼

TOEICと英検。高校生はどちらを受けるべき?
TOEICが大学入試から撤退。今後の動向はどうなる?
TOEICの活用状況。単位を認定する大学の一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする