スポンサーリンク

TOEICが大学入試から撤退。今後の動向はどうなる?

先日TOEICが大学入試センター試験の
後継の大学入試共通テストへの参加を
取り下げると発表しました。

「大学入試英語成績提供システム」へのTOEICR Tests参加申込取り下げのお知らせ

このニュースはヤフーニュースでも
大きく取り上げられ、多くの人が
関心を持っています。

今回はTOEICが大学入試から撤退したことと
他の外部試験の動向についての予想に
ついて書きます。

スポンサーリンク

1.TOEICが大学入試から撤退した理由

今回のTOEICの大学入試からの
撤退についてヤフーニュースでは
以下のように伝えています。

英語検定試験「TOEIC」を運営する
国際ビジネスコミュニケーション協会は
2日、大学入試センター試験の後継となる
大学入学共通テストへのTOEICの参加を
取り下げると発表した。

「責任を持って対応を進めることが
困難と判断した」としている。
大学のほか、受験生を抱える高校や
予備校などは共通テストへの対応を
急ピッチで進めており、大きな影響が
出そうだ。

TOEIC運営側のプレスリリースを
読む限りでは条件整備の点がネックに
なったようです。

条件整備の点というのは
おそらく試験会場のことを
指しているのではないかと
私は思っています。

今回の大学入試の共通テストでは
4技能(リーディング、リスニング、
スピーキング、ライティング)を
測定できる試験を受験する必要が
あります。

TOEICの場合
TOEIC Listening & Reading Testと
TOEIC Speaking & Writing Tests
の両方を受験する必要があります。

TOEIC Listening & Reading Testは
年間10回、全国80都市で
実施されています。

TOEIC Speaking & Writing Testsは
年間24回、全国15都市で、
日曜日の午前、午後の2回
行われています。

TOEIC Listening & Reading Testは
全国80都市で実施されていますので
まだ良いですが、
TOEIC Speaking & Writing Testsに
関しては全国15都市でしか
実施されてなく、しかもその15都市は
大都市に集中しています。

地方の山間部に住む高校生が
大学入試でTOEICを利用する場合
TOEIC Speaking & Writing Tests
を受験するために近隣の県まで
行って受験せざるを得ません。

ということは受験料に加えて
交通費、場合によっては宿泊費が
かかり、家庭にとってかなりの
負担になります。

もう1つの問題は会場の施設面の
問題です。

現在TOEIC Speaking & Writing Testsの
受験者数はTOEIC Listening & Reading Test
と比べると、かなり少なく、
年間3万9,000人です。

おそらく1つの会場で受験出来る
人数はそんなに多くないはずです。

TOEIC Speaking & Writing Testsは
コンピューターを使っての受験に
なりますので、現在のインフラでは
大学入試に対応することは
ほぼ不可能です。

大幅にコンピューターを導入しないと
どうにもならないでしょう。

このあたりがネックとなって
今回TOEICは大学入試から
撤退したのではないかと
私は推察しています。

今回のTOEICの大学入試からの
撤退は有識者からは
「賢明なは判断だ」という声が多く、
好意的に受け止められています。

私も同感です。

受け入れ体制が整っていない状況で
試験を実施すれば、被害を被るのは
受験生ですから・・・

ただTOEICを外部試験として利用するために
対策をしてきた高校生のことを考えると
胸が痛みます。

TOEICを外部試験として利用する人は
高校生全体の2%と言われていますが
それでも全国で考えればかなりの
数になります。

国は2020年度からの大学入試の
英語の外部試験について早期に
方針を示して欲しいです。

対策をする高校生にとっては
準備している試験が大学入試で
使えないとなったんでは
たまったものではありません。

スポンサーリンク

2.今後の大学入試の外部試験はどうなるか?

おそらく受験生の皆さんや受験生を
お持ちの保護者の方は
「今後大学入試共通テストのどうなるのか」
と心配されていると思います。

現在大学入試共通テストの英語の外部試験
として参加予定の試験は以下の通りです。
(追記2019年7月5日にケンブリッジ英語検定
CBTも参加を表明しました。又詳細について
分かり次第お知らせします)

・英検
・ケンブリッジ英語検定
・GTEC
・IELTS
・TEAP
・TEAP IBT
・TOEFL IBT
・TOEIC←参加取り下げ

これらの試験の受験料は

+ケンブリッジ英語検定 9,720円~25,380円
+実用英語技能検定(英検) 5,800円~16,500円
+GTEC 6,700円程度9,720円
+IELTS 25,380円
+TEAP 15,000円
+TOEFL 235米ドル約25,000円))
+TOEIC 15,985円

となっています。
(但し今後変更の可能性があります)

私は今後大学入試共通テストの外部試験は
英検とGTECの2つが中心になると
みています。

ケンブリッジ英検,IELTS,TOEFLについては
まず受験料が高いですし、
試験のレベルが高校生には高すぎるので、
留学を考えている人以外はまず受験しないと
思われます。

TEAPは上智大学が開発したテストで
上智大学以外にも早稲田大学等いくつかの
私立大学が採用していますが、
やはり受験料が高いのと対策書が
現在のところあまりないので
そこまで受験生数は増えないでしょう。

となると残るは英検とGTECです。

英検は先日2020英検S-CBTの試験概要発表を
発表しました。

https://www.eiken.or.jp/eiken/info/2019/pdf/20190702_pressrelease_2020S-CBT.pdf

ただ英検を外部試験で使われる方は
注意することがいくつかあります。

英検は従来型の2日間で行われる英検は
大学入試で使用できず、1日でスピーキングの
試験が受験できる英検S-CBTを受験しないと
いけません。

又この英検S-CBTを受検するためには

1.予約申し込み
2.本申し込み
3.受検

という手順が必要になります。

おまけに予約申し込みの時に
席を確保するために予約金3,000円を
支払わないといけません。
(ちなみに本試験を受験しなくても
この予約金は返還不可とのこと。)

2020年度の受験に必要な方は
2019年9月に申し込みが必要に
なりますので、予約を忘れないで下さいね。

大学受験に予約金が必要なんて
どうなんだと思います。

英検も大学入試から撤退するのではないかと
いう声があります。

大学入試の外部試験に対応するためには
英検S-CBTにしなければなりません。

CBTは、computer based testですので
試験を受験できるコンピューターが
大量に必要になりますし、
試験を行う会場がきちんと
確保できるのかという問題もあります。

私自身も英検が大学入試から
撤退する可能性があると
考えていますので
今後の動向を注視したいと
思います。

となると残るはGTECですが
GTECが今後の大学入試の外部試験の
中心になる可能性はかなり高いです。

GTECはベネッセが主催している
試験ですし、現在も多くの高校で
行われていますので、会場に関しても
それ程問題はありません。

ただ先日もNHKが取り上げていましたが、
GTECは採点で色々問題が多い試験なので
注意が必要です。

又情報が入りましたらお知らせします。

スポンサーリンク

3.TOEICが大学入試から撤退のまとめ

まとめ▼

・現在使える外部試験は7種類
・今後は英検とGTECが中心か?
・英検も撤退するのではという噂がある

2020年度の大学入試共通テストの実施
まであまり時間がない中で
今回のTOEICの大学入試からの撤退が
発表されたので、世間でも
かなり話題になっています。

「TOEICを大学受験で使う人は
少ないから影響はそれ程でもない」
と言う人もいますが、
実際は受験生の2%がTOEICを使用する
予定だったそうです。

数で言うと約2万人の受験生が
影響を受けたことになります。

これは大問題ですよね。

他の7つの試験についても
今後撤退する可能性がないとは
言えませんので、今後の動向を
注視したいと思います。

現在のところはGTECの対策を
しておくのが一番無難かもしれません。
(個人的にはGTECは良い試験だとは
思いません)

受験生の方は色々と大変ですが、
受験に向けて準備を進めて下さい。

私も応援しています。

又情報が入り次第記事を更新します。

関連記事▼

TOEICの大学入試での活用状況。導入大学一覧
TOEICの活用状況。単位を認定する大学の一覧
大学別のTOEICスコアランキング。あの大学は何点?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする