スポンサーリンク

TOEICと英検の違いは?アナタに必要な試験を教えます!

英語の資格試験として人気を2分するのが
TOEICと英検です。

これから英語の学習を始める方は
どちらを受験したら良いのか
迷われているかもしれません。

今回の記事では、2つの試験の違いと
対象者別にどちらの試験を受ければよいかについて
書きます。

1.TOEICと英検の違い

TOEICと英検の試験の形式の違いを簡単にまとめてみます。

*TOEIC

+テスト形式

リスニング100問、リーディング100問。

+スコア

満点は990点。スコアは5点刻みで出ます。

スコアは1問何点という方法でなく、
独自の算出方法で計算されます。

理論上は英語力が同じであれば、
いつ受験しても同じ点数になると言われています。

+合否

スコアが出るだけで、合否はありません。

*英検

+テスト形式

1級、準1級。2級、準2級、3級、4級、5級の級があります。

*各級のレベル

1級:大学上級程度
準1級:大学中級程度
2級:高校卒業程度
準2級:高校中級程度
3級:中学卒業程度
4級:中学中級程度
5級:中学初級程度

4級と5級は、リーディングとリスニングのみの試験。
(任意でコンピューターでスピーキングの試験を
受験できます。)

3級から1級は、1次試験がリーディング、リスニング、
ライティングの試験。
2次試験が面接官との1対1のスピーキングの試験。

+スコア

+合格点

コンピューター処理され、CSEスコアとして算出されます。
素点が同じでもCSEスコアは異なります。

各級のCSEスコアと合格点。(合格点は固定)

1級  満点3400 合格点2630(得点率77.3%)
準1級 満点3000 合格点2304(得点率76.8%)
2級  満点2600 合格点1980(得点率76.2%)
準2級 満点2400 合格点1728(得点率72.0%)
3級  満点2200 合格点1456(得点率66.2%)
4級  満点1000 合格点622 (得点率62.2%)
5級  満点850  合格点419 (得点率49.3%)

この表を見ると、級が上がれば上がるほど
合格するには高い得点率が必要なことが分かります

スポンサーリンク

2.TOEICと英検の利用状況

TOEICと英検は受験者層がかなり
異なります。

英検は準1級、1級は大学生、社会人の受験者も多いですが、

5級から2級までは圧倒的には学生が多いですね。

英検の準会場になっている中学校、高校も多く、
多くの中学校、高校で英検の受験が奨励されています。

一方TOEICの受験生は、大学生、社会人が多いです。

多くの大学で入学時にTOEICを受験させ、
その点数で英語のクラス分けを行っています。

大学の学部によっては、TOEICで所定の点数を取らないと
単位が認定されないようです。
(特に国際関係学部、外国語学部)

最近では就職活動の際にTOEICで一定の点数を取っていないと
エントリーできない企業もあるとのこと。

就職後も昇進、海外赴任の際にはTOEICで一定のスコアを出している
ことを条件としている企業も多くなっています。

社会人にとってはTOEICは避けては通れない英語の資格試験と
言えるかもしれません。

スポンサーリンク

3.TOEICと英検はどちらを

受験したら良いか?

TOEICと英検のどちらを受験したら良いかと
いう質問をよく頂きます。

まず試験内容が異なるので、単純に比較することは
困難です。

TOEICはリスニングとリーディングの試験。

英検はリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの
試験。(4級、5級はリスニング、リーディングのみ)

知名度で言えば、TOEIC、英語力をバランス良く測れると言う点では
英検といったところでしょうか?

あと対象者別に個人的な見解を書いてみます。

*小学生、中学生、高校生

小学生、中学生、高校生には英検をお勧めします。

TOEICはビジネス英語が主体なので、
小学生、中学生、高校生には内容を理解することが
難しいですので、あまりお勧めできません。

英検であれば級ごとにレベルが分かれていますので、
自分の習熟度に合せて受験することができます。

一応の目安としては、中学校卒業時に3級か準2級、
高校卒業時に準2級、2級を取得しておくと良いでしょう。

ただ最近は早くから英検を受験する子供が多く、
各級の取得年齢が年々下がっている気がします。

私は英検の2次試験の面接官をしていますが、
準2級、2級を受験する小学生の数が以前と比較すると
かなり増えたように感じます。

それだけ英語教育の低年齢化が進んでいると
いうことなのでしょう。

大学入試では、英検準1級を取得していると
センター試験を満点扱いにする大学もあります。
(広島大学等)

高校生で英語が得意な生徒は、英検準1級を取得しておくと
大学入試が有利になりますね。

*大学生

大学生はTOEICを受験することが多いと思いますので
まずはTOEICの対策をしっかりすることをお勧めします。

将来英語を使う仕事をしたいと思っている人、
英語の専門職(通訳、翻訳)につきたいと
思っている人は、英検準1級、1級にも
チャレンジしてみましょう。

*社会人

社会人の方が必要なのは、圧倒的にTOEICでしょう。

昇進、転職する際に、TOEICのスコアが求められる
ことが多いですから。

スポンサーリンク

4.まとめ

現在の日本で英語の資格試験の主流が英検とTOEICである
ことは疑いようのない事実です。

よく英検とTOEICのどちらが良い試験なのかと
いうことを聞かれますが、試験の内容が違うので
一概にどちらが良いとは言えません。

英語の資格試験は、今自分が必要な英語力を何かをよく考えた上で
受験するようにしましょう。

一般的に小学生から高校生は英検、大学生、社会人はTOEICを
受験するのが良いと私は考えています。

この記事が皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする