スポンサーリンク

就活にTOEICの点数はいくら必要?企業別スコアから考察

就職活動をする上でTOEICが
必要だということはよく言われます。

最近はエントリーシートにも
TOEICの点数を書かせる企業も
増えていますし、そもそも一定の
TOEICのスコアがないと
エントリーすら出来ない企業も
あるそうですね。

こういう話を聞くと時代は変わったなと
思いますが、大学生にとっては大問題です。

この記事では就活時に必要なTOEICの
点数について書きます。

スポンサーリンク

1.就職時にTOEICの点数が必要な企業

*楽天 TOEIC800点以上

以前も管理職に一定のTOEICのスコアを課し、
達成できない人が大量に離職したことで
話題になりました。

エントリー時は、TOEICのスコアは
問われませんが、入社までに800点を
取ることが必要だと言われています。

800点取れないと内定取り消しに
なるみたいです。(;_;)

まあ、社内の書類、会議、社長の訓示まで
全て英語で行われる会社ですから、
最低800点はないと入社しても
仕事にならないでしょうね。

余談ですが、以前楽天で流行った言葉は
「日本語で良いですか?」(笑)

社内では英語での会話が
義務付けられているため、
どうしても日本語で話す必要がある時に
「日本語で良いですか?と言うそうです。(笑)

ある意味ブラックジョークですよね。
楽天に入社を希望されている人は
気合を入れて英語を勉強しましょう。

*日産自動車株式会社 
TOEIC730点以上

日産もトップが外国人ですから
英語が出来ないと入社後かなり
困るでしょうね。

仕事をする上で最低ラインとして
求められているスコアが730点。

但し技術系の採用は600点が基準のようです。

長期間TOEICのスコアの目標が未達だと、
子会社へ出向させられるとの噂もあります。

日産自動車株式会社 日本タレント
マネジメントグループ兼人財開発
グループマネージャー 品川裕祐氏は、

「TOEICイコール英語力ではありませんが、
730点あれば基礎力はあると言えますので、
入社後英語を使った業務にもスムーズに
入っていけると思いますし、より実践的な
英語力も早期に身に着けることが出来ます。」

とおっしゃっています。

*武田薬品工業株式会社 
TOEIC730点以上

武田薬品は2013年4月入社の新卒採用から
TOEIC730点以上の取得を義務付けています。

対象は、研究開発や管理部門などで国内営業や
工場勤務は除かれるみたいですね。

武田薬品は研究グループのトップに
外国人が就き、取締役会も
英語で行われています。

ただ現状は730点を達成しているのは
受験者の1割程度に留まっているそうです。(2014年時点)

*日本IBM TOEIC600点以上

日本IBMも2014年より新卒採用時に
TOEIC600点以上を応募の条件としています。

但し他の英語の資格も認められていて、

+TOEFL (PBT) : 507以上
+TOEFL (CBT) : 180以上
+TOEFL (iBT) : 64以上
+IELTS : 5.5以上
+英検 : 準1級以上

のいずれかがあれば大丈夫です。

ただどの試験のスコアもそれなりに高く
一定期間勉強しないと所定のスコアは
なかなか取れないでしょう。

新入社員に求められているTOEICのスコア

企業名 TOEICのスコア
NTTコミュニケーションズ 850点
ソフトバンク 730点
ファーストリテイリング 700点
NTT東日本 700点
三菱電機 700点
ヤマト運輸 700点
旭化成 700点
ブリジストン 700点
東京電力 700点
アサヒビール 650点
シチズンホールディングス 650点

TOEICで所定の点数を求めているのは
上場している大企業が大半です。
中小企業ではそれ程求められていません。

700点を求めている企業が多いですね。

スポンサーリンク

2.履歴書に書けるTOEICのスコア

自分が就職したい企業が所定のTOEICの
点数を求めていない場合でも
TOEICのスコアが何点あれば、
履歴書に書けるのだろうかと
悩まれている人も多いのではない
でしょうか?

明確な答えがあるわけでは
ありませんが、1つの目安として
英語を業務で必要としない
企業であれば600点、
英語を業務で使う企業であれば
800点以上、外資系企業で
あれば900点以上
が1つの目安になるでしょう。

TOEICの平均点が約580点ですから、
600点以下であれば書かないほうが
無難でしょうね。

後TOEICのスコアが高いからといって
就職活動において
必ずしも有利になるとは限りませんので、
その点は頭に入れておいて下さい。

スポンサーリンク

3.TOEICのスコアと就活の関係

TOEICのスコアが高ければ、
就職に有利になるかと言えば
何とも言えません。

確かに前述した企業では
所定のTOEICのスコアがないと
エントリーできませんが、
その他の企業では参考程度と
いうところも多いです。

大手企業の採用担当者の話を聞いても
重視しているのは人物だと答えています。

TOEICのスコアが高いと入社時より、
入社後に有利になることが多いですね。

TOEICのスコアが高い人は英語が
多いので、海外赴任等のチャンスも
増えるでしょう。

TOEICのスコアが高ければ
できるとみなされることが
多くなることは間違いありませんが、
あくまでもプラスアルファと
考えておいた方がよさそうです。

スポンサーリンク

4.就活とTOEICの点数のまとめ

以前楽天やユニクロでTOEICで
一定の点数を取れない幹部は
降格になるというニュースが流れ、
物議を醸しました。

私も「英語が出来ないぐらいで
降格なんてひどいな」
と思っていました。

その時あるTOEIC講師の方が


「企業が、社員にTOEICの点数を求めるのは
その人がきちんと努力が出来る人か
どうかをみるためなんです。
TOEICはきちんと努力すれば
必ずスコアは上がるので、
その人が努力できるかどうかを
測る良いバロメータになります。」

と言われていたのを聞いて、
ハッとしたことを覚えています。

もちろんTOEICの点数が
その人の能力の全てを
表すわけではありませんが、
企業がきちんと努力ができる人かどうかを
見極める1つの指標にはなります。

上の表を参考にして、
自分が就職を希望している企業に
必要な点数を是非取ってください。

TOEICのスコアが低いために
希望の会社にエントリーできないのは
あまりにももったいないです。

皆さんの就職活動が上手くいくように
応援しています。

是非就活に必要なTOEICのスコアを
クリアーして、就職活動を上手に
乗り切りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする