スポンサーリンク

TOEICで報奨金が出る会社。いくらもらえる?

かなり前の話になりますが、
ソフトバンクがTOEICで高得点を取った社員に
報奨金を支払うというニュースが流れ、
かなり話題になりました。

金額も100万とかなり高額でしたね。

実は他の企業でもTOEICで所定の点数を
取ると、報奨金を払っている会社が
あります。

今回の記事では、TOEICで報奨金を
払っている会社について書きたいと
思います。

スポンサーリンク

1.TOEICで報奨金が出る会社の一覧

*ソフトバンク

TOEIC800点以上で30万円、900点以上で
100万円の報奨金が貰えるようです。

発表時はニュースでも
かなり話題になりましたね。

現在の日本企業では、ソフトバンクの
報奨金が一番高いと言われています。

*大和ハウス工業

TOEIC600点、700点以上でそれぞれ
3万、5万円の報奨金が出ます。
800点以上では語学習得の実費として
上限10万円、900点以上では
海外旅行費として20万円を
会社が負担するとのこと。

しかも対象は全社員とのことですから
大和ハウス工業が社員の英語力向上に
力をいれているかがよく分かります。

950点以上取得者は社費負担の海外留学も
検討されるそうです。

TOEICの得点に対して払われる報奨金は
それ程多くはないですが、
海外旅行、海外旅行の費用が社費負担
になるのはありがたいですね。

*レンゴー

TOEIC730点以上で10万円、860点以上で20万円、
940点以上で30万円の報奨金が貰えます。

TOEICの報奨金としてはまずまずの額では
ないでしょうか?

*日立造船

TOEIC650点以上で1万円、TOEIC860点以上で
2万円の報奨金が貰えます。

造船業も海外進出している企業が
多いことが関係しているのかも
しれません。

私が住んでいる広島県の某造船業社は
英語と中国語が出来る社員を求めている
という話しを聞いたことがあります。

田舎の企業にもグローバル化の波が
押し寄せているのだなということを
改めて感じました。

*帝国ホテル

TOEIC450点~595点で5,000円、
650点~745点で1万円、750点以上で
2万円の報奨金が貰えるようです。

ホテルは当然のことながら
外国人宿泊客が多いので、
従業員には英語力が求められます。

ただ個人的には要求しているスコアが
少し低い気がします。

もっともホテルでは英語が必要な
場面がある程度決まっているので
ある程度の英語力があれば
研修等でなんとかなるのかも
しれません。

*九州電力

TOEIC730点以上で3万円、860点以上
で5万円の報奨金が貰えます。

*東京電力

TOEIC730点以上で5万円の
報奨金が支給されます。

これからは電力会社でも
英語が必要になるみたいですね。

*協栄産業株式会社

報奨金Challengeという制度があり、
エントリー後、TOEICRのスコアを100点以上
伸ばすなどの条件をクリアすると
会社から報奨金がもらえます。

チャレンジ期間は1年間ですが、
何度でもリトライが可能とのこと。

又協栄産業株式会社では、年に1回
会社が費用を全額負担で社内TOEICを
実施しています。
(おそらくTOEIC IPテストを実施している
のだと思われます)

この会社も社員の英語力向上に
力を入れていますね。

*大和システム開発

資格奨励金を支給していて
英語の資格では、英検1級、
またはTOEIC860点以上、
英検準1級 または TOEIC 730点以上
で資格奨励金が支給されます。

金額は明示されていませんが、
150,000円から600,000円と
書いてありますので、
頑張りがいがありますね。

*TDIグループ

資格取得報奨金制度があり、
英語関連の資格では
英検2級、TOEIC500点以上、
TOEFL iBT52点以上で50,000円の報奨金、
英検1級、TOEIC730点以上、
TOEFL iBT79点以上で100,000円の報奨金
が支給されます。

個人的にはTOEIC730点と英検1級の
報奨金が同じなのはどうかなと
思います。
難易度が全く違いますから・・・

*株式会社トスプランニング

この会社の報奨金のシステムは
ユニークで、過去の最高得点を基準に
TOECの点数に応じて報奨金を支給しています。

TOEIC(今回の得点) 過去の最高得点 報奨金(一時金)
500~649点 499点以下 10,000円
650~700点 599点以下 20,000円
499点以下 30,000円
700点以上 649点以下 30,000円
599点以下 50,000円
499点以下 60,000円

前回からのスコアの伸び幅大きい人に
たくさんの報奨金を払うという
システムです。

スコアを200点上げると60,000万円
もらえるというのは中々良いですね。

社員の英語学習に対するモチベーションは
上がるでしょうね。^^

*私が在職していた外資系エネルギー会社の例

私が約25年前に在職していた会社では
TOEIC470点以上を取得すると15万円、
TOEIC730点以上を取得すると30万円
が会社から支給されました。

ただこの報奨金は英会話スクール等の
英語習得に関する費用に充てる
ためにしか使うことが出来ませんでした。

英会話スクールでかかった費用の領収書を
経理に持っていくと、給料の口座に
報奨金が振り込まれるというシステムです。

当時は今ほどTOEICを受験している人は
いなかったので、ある意味先進的なシステム
だったと今になって思います。

聞いたところによると、
当時の社長が自身が英語習得に
苦労したので、この制度を
作ったとのこと。

私もほぼ無料で英会話スクールに
通うことが出来たので、
感謝しています。

上記の企業を見て頂ければ
分かりますが、東証一部上場企業
だけでなく、中小企業でも
社員の英語教育に力を入れている
ことが分かりますね。

スポンサーリンク

2.TOEICで報奨金が出る会社の一覧のまとめ

企業のグローバル化に伴い、
英語が出来る社員がこれからも必要に
なるのは間違いないでしょう。

現在は英語力を測る尺度として
TOEICが使われていますが、
今後もTOEICが使われるかどうかは
分かりません。

よく言われることですが、
TOEICはリスニングとリーディング
しかありませんので、スピーキング、
ライティングの力がどれくらい
あるかは測ることが出来ません。

外資系の企業では、TOEICとは別に
英語でのインタビューが行われる
こともあるそうです。

私もビジネスで英語を使ったことが
ありますが、ビジネスで必要な英語の
スキルはリーディングとライティングです。

ビジネスで英語を使う方は
この2つのスキルを重点的に高めるように
して下さい。

別記事でも書きましたが、
企業が欲しいのはTOEICで高得点を
取っている人ではありません。

TOEICで高得点を取っている人が
持っていると思われる英語力が
欲しいのです。

TOEICのスコアは高いけど、
全然英語が出来ないと言われては
元も子もありません。

TOEICのスコアだけでなく
それに見合う英語力も
上げていくようにしましょう。

TOEICはあくまでその手段に
すぎませんから・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする