スポンサーリンク

TOEICのリスニングに発音は重要?その理由を解説

TOEICのリスニングでは、
多くの学習者が
「スピードが速くて聞き取れない」と
悩まれているのではないでしょうか?

TOEICのリスニングのスピードは
大体160WPM~180WPMと言われています。
(WPM:Word Per Minuteの略で
1分間に話される語数のことです)

大体アメリカのニュース番組で
アンカー(アナウンサー)が
話すスピードが160WPM~180WPM
ですので、多くの日本人にとっては
速く感じられかもしれませんね。

TOEICの学習相談を受けていて
リスニングのトレーニングというと
「ただ英語を聞く」ことしか
やっていない人がとても多いように
感じます。

実はリスニングにおいて
発音はとても重要です。

今回の記事では
「なぜ発音がリスニングで重要か」
について書きたいと思います。

スポンサーリンク

1.TOEICのリスニングに発音が重要な理由

TOEICのリスニングに限りませんが、
リスニングでは自分で発音出来る音は
聞き取ることが出来ると
一般的に言われています。

逆に言えば、自分が発音出来ない音は
聞き取れないということになります。

自分が思っている音と実際に
聞こえてくる音が違っていると
例え知っている単語でも聞き取ること
が出来ません。

よく言われることですが
そもそも英語と日本語では
発音が全く違います。

日本語の母音は5つしかありませんが
英語の母音は26個もあります。

子音は日本語は27個ですが、
英語は26個です。

日本語と英語の音で全く同じ音は
たった5つしかないと言われています。

ですから日本語と英語の発音の違いを
きちんと知らないと、なかなか英語の
リスニングは出来るようになりません。

スポンサーリンク

2.カタカナ英語のままではリスニングは出来ない

私達日本人は英語の単語の発音を
カタカナで書くクセがあります。

このカタカナ英語がクセモノなのです。

実際の英語の発音とカタカナ英語
では発音が全く違いますので、
カタカナ英語で発音していると
リスニングは出来るようになりません。

カタカナ英語では発音が同じですが、
英語では発音が異なる語を
いくつか挙げてみます。

+発音が紛らわしい語

RとL

rice(米)とlice(シラミ)は
カタカナで書くと「ライス」ですが
英語の発音は全く違います。

fly(飛ぶ)fry(揚げ物)も
も同じです。

BとV

boat()とvote(投票する)は
カタカナでは「ボート」ですが、
英語の発音は異なります。

berry(ベリー)とvery(とても)
も同様です。

sとth

pass(通る)とpath(小径)は
カタカナでは「パス」ですが、
英語の発音は全く違います。

mouse(ネズミと)mouth(口)
も同様です。

これらの発音が紛らわしい語を
きちんと発音出来るようになれば
リスニングでもきちんと聞き取れる
ようになります。

「きちんと発音するのは難しそうだな」
と思われるかもしれませんが、
大体似たような音が出せれば
大丈夫ですので、あまり難しく
難しく考えないで下さいね。^^;

私の発音も完璧ではありませんが、
TOEICのリスニングでは満点(495点)
を取っていますから大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

3.リンキングとリダクション

英語を発音する時にはリンキング、
リダクションという
現象が起こります。

リンキングは、「文章中で特定の単語の
末尾の音と直後の単語の先頭の音が
つながって違う発音になる」
という現象のことです。

フランス語ではリエゾンと言うので
リエゾンと呼ぶ人もいますが
指している内容は同じです。

リダクションは「音の脱落」
という意味で単語のある音が
発音されない又はとても弱く
発音されることです。

英語を話す時には、
頻繁にリンキングとリダクションが
起こるので、リスニングが
難しくなります。

リンキングの例

リンキングは大きく分けて
「子音と母音がつながって
音が変化するパターン」と
「子音と子音がつながって
音が変化するパターン」があります。

*子音と母音がつながって
音が変化するパターン

shut out(締め出す)は
「シャットアウト」ではなく
「シャタアウト」のように
発音されます。

talk about(~について話す)は
「トーク・アバウト」ではなく
「トーカバウト」になります。

子音と子音がつながって
音が変化するパターン

want you(あなたが欲しい)は
「ウォント・ユー」ではなく、
「ウォンチュー」のように
発音します。

疑問文で良く使うdid youは
「ディド・ユー」ではなく
「ディジュー」のように
発音されます。

if youは「イフ・ユー」ではなく
「イフュー」のような発音になります。

リダクションの例

*tの音が脱落する例

can’tの最後のt やimortant の真ん中の
tは弱く発音され、しばしば脱落します。

can’tは「キャーン」、imortantは
「インポーラント」のように
聞こえます。

ちなみにcan’tはプロの通訳者でも
canと聞き間違えることが多い
通訳者泣かせの単語と言われています。

後になって、「聞き間違えた」と
気付くことが多いということを
通訳者の方から聞いたことがあります。

*dの音が脱落する例

あいさつでよく使うgood morningは
「グッド・モーニング」ではなく
「グッモーニン」のように
発音されます。

ちなみに最後のgの音も
脱落しますので気を付けて下さい。

*hの音が脱落する例

I like her.はhの音が脱落して
「アイライカー」のように
発音されます。

I like him.も同様に
「アイライキム」のように
発音します。

このように英語を話す時には
リンキングとリダクションという
現象が頻繁に起こるので
私達が英語を聞き取ることが
難しくなっています。

リスニングをする時は
リンキングとリダクションに
気をつけて聞くようにしてみて下さい。

自分が聞き取れなかったところが
どのように発音されているかを
意識して聞くようにすると
段々聞き取れるようになってきます。

最初は難しく感じるかもしれませんが
段々聞き取れるようになりますので
頑張りましょう!!

スポンサーリンク

4.TOEICのリスニングに発音は重要?のまとめ

リスニングは聞くだけだから
英語をただ漠然と聞いていれば
いつかは聞こえるようになると
考えている人がとても多いですね。^^;

この記事にも書きましたように
英語と日本語では音が
全く違います。

又英語を話す時には
リンキング、リダクションという
現象が起きるので、
英語を聞き取ることは難しいのです。

発音というと「難しい」と
身構えてしまう人が多いですが、
リスニングではどのように
発音されるかが分かっていれば
大丈夫です。

ネイティブスピーカーのように
完璧に発音出来なくても
全く問題ありませんので
安心して下さい。
(そもそも私も出来ません。^^;)

TOEICのリスニングだけのためなら
特に発音の本は必要ないと
思いますが、もし発音に関する本を
購入されるのであれば、
この本がお勧めです。

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK
(アスカカルチャー)

ジュミック今井

明日香出版社


効率よく発音練習ができる本で
つづりと音のつながりを
学ぶことが出来ます。

この記事に書いたことを意識して
リスニングのトレーニングをすれば、
リスニング力は
確実に上がります。
頑張りましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする