スポンサーリンク

TOEIC990点。目指す必要はあるのか?

TOEICの満点は990点です。
なぜ1000点でないかというと、
TOEICでは統計上算出される最低点が
リスニングが5点、リーディングが5点
でからです。

ですからTOEICの最低点は10点、
最高点は990点になるのです。

さらに上を目指して努力して欲しいという
思いを込めて990点になっているという話も
ありますね。(真偽の程は定かではありませんが・・・)

ちなみにTOEICで990点を取得する人は
1,000人に2,3人とのこと。

割合で言うと0.2,3%ですね。

今回の記事ではTOEIC990点を目指す
必要があるのかということについて
書いてみたいと思います。

1.TOEIC990点を目指す必要はあるのか?

結論は人によると思います。

具体的に言うと、人に英語を
教える仕事をしている人であれば、
TOEIC990点を取得していると
仕事を獲得する上で
有利になることはあります。

TOEICの対策スクールの採用条件を
見ていると、最低でも900点、
多くのスクールでは950点以上が
採用条件になっています。

志願者が多ければ、当然TOEICの
スコアが高い人の方が有利になるでしょう。

TOEIC対策スクールで有名な
エッセンスの講師は全員TOEIC990点を
取得しています。さすがですね。^^;

普通の会社員の方は
TOEIC990点を目指す必要は
ないような気がします。

多くの企業では900点あれば
高く評価されますし、900点より
990点を取得している人の方が
高い評価を受けたという話は
あまり聞いたことがありません。

一般的に言って、800点又は900点を
取得していれば十分だと
私は考えます。

もちろん自己満足のために
990点を目指すのはアリだと
思います。

自己満足は思っている以上に
学習のモチベーションに
なりますからね・・・

スポンサーリンク

2.TOEIC990点の英語力

多くの方はTOEIC990点取得者の
英語力がどれくらいなのかと
いうことに関心があるのでは
ないかと思います。

私の周りにはTOEIC990点取得者が
たくさんいますが、英語力は
千差万別です。

TOEICは990点までしかありませんので、
その人の英語力の上限は測れません。

TOEIC990点取得者の中には
TOEIC2,000点ぐらいの英語力の
人もいれば、ぎりぎり990点ぐらいの
人までいます。

プロ通訳の方は、やはり英語力、
英語処理力がずば抜けているので
TOEICでも990点を取得されている方が
多い気がします。

翻訳者の場合は、
英語力はもちろん高いですが、
英語の情報処理能力をそこまで
必要としませんので、
TOEICのスコアは人それぞれで、
かなりバラツキがあるように
感じます。

あとTOEICのスコアが高いからと
いって良い翻訳が出来るとは
限りません。

多言語翻訳者の猪浦道夫さんが
「TOEIC亡国論」で、
翻訳能力とTOEICのスコアは
全く相関関係がないと
おっしゃっていますが、
私も同感です。

スポンサーリンク

3.TOEICのスコアと英語力の差

以前のブログでも書きましたが、
TOEICのスコアと英語力の相関関係が
あるのは、大体400点から900点
ぐらいの間ではないかと
私は考えています。

400点以下の場合は、
そもそも英語力がかなり低いので
答えをカンで選んでいることが
多いので、スコアと英語力が
比例しているとはあまり言えません。

TOEICのスコアが900点を超えてくると
スコアが高い人の方が低い人よりも
英語力が高いと必ずしも
言えなくなってきます。

私見では、TOEIC900点と
TOEIC990点では、TOEIC990点
の方が英語力は高いです。

ただスコアが950点を超えてくると、
スコアが高いからと言って
必ずしも英語力が高いとは
言えない気がします。

TOOEICに対する慣れの
部分が占める要素も
かなり大きいですね。

後は体力、集中力といった
要素も結構大きいかな。

2時間ずっと集中するには
かなりの体力が必要ですからね・・・

そうなると年配の人よりも
若い人の方が有利ですよね。

ちなみに英語のプロ(通訳者、翻訳者)
の間では、TOEICのスコアが話題に
なることは滅多にありません。

英語のプロは、TOEICのスコアが
英語力を反映しているとは
考えていませんので・・・

通訳者や翻訳者は、TOEICでは
英語の能力の高さを
測ることはできないということを
知っていますので話題にすらなりません。

スポンサーリンク

4.TOEIC990点を目指す必要はあるのか?のまとめ

TOEIC990点を目指す必要はあるのか?のまとめ

・英語の先生以外は目指す必要はない

・950点以上は英語力の差が出にくい

・通訳者、翻訳者の実力とTOEICのスコア
 は関係がない

私自身は英語を教える仕事を
していますので、TOEIC990点を
目指していますが、他の人に
990点を目指すことを勧める気は
全くありません。

990点取るのに必要な時間とお金を
考えたら、コストパフォーマンスが
良いとはとても言えませんからね・・・
(私もどれだけの時間とお金を
使ってきたことか・・・)

一般の英語学習者の方は
自分でTOEICの目標点を決めて
その点数を達成したあとは
他のことをすれば良いと
私は考えています。

目標の点数は800点かもしれませんし、
900点かもしれません。

TOEICは英語力の伸びを
測るバロメーターとして
利用するのが一番良いですね。

点数を上げることを目標にするのは
良いですが、点数に振り回されない
ようにしましょう。

私も990点を目標にしてますが
まだ達成できていないので
今年中には達成したいと
思っています。

目標を掲げて達成できていないのは
格好が悪いですから・・・

980点までは来ているのですが、
ここからの10点が遠いんですよね。

あと10点伸ばすのにどれくらい
時間がかかるか分かりませんが、
とにかく頑張ります。

一緒にスコアアップを目指しましょう。^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする