スポンサーリンク

TOEICは実用的なのか?ビジネス向けと言われるけど

TOEICはビジネス向けだから実用的では
ないということがよく言われます。

そもそも実用的かどうかは
何を基準にするかで変わってくると
私は思っています。

今回の記事ではTOEICが実用的か
どうかについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

1.TOEICが実用的かどうかの結論

私はTOEICは実用的な英語の試験だと
考えています。

TOEICはビジネス英語が中心だと
思われている方も多いですが、
そんなことはありません。

確かにリスニングではオフィスでの
会話が出題されたり、
リーディングでは仕事のメール等が
出題されますが、あくまで
日常生活の一部として
出題されているだけです。

TOEICの問題はリスニング、
リーディング共に日常生活で
良く使う英語表現が出題されて
いますので、きちんと学習すれば
実用的な英語力を
身につけることが出来ます。

TOEICの学習で実用的な英語力を
身につけることが出来ますので
安心して学習して下さい。

スポンサーリンク

2.TOEICでハイスコアでも英語が話せない?

TOEICが実用的ではないと言われる
最大の理由は
「TOEICでハイスコアでも
英語が話せない」ということでは
ないでしょうか?

確かにTOEICのスコアが900点以上でも
英語が話せない人はいます。

そもそもTOEICはリスニングと
リーディングだけの試験ですので
当然のことですがスピーキングの
力は測れません。

ですから当然のことですが
TOEICでハイスコアを取っても
英語が話せないということは
あり得ます。

日本人の多くの人は

英語が出来る=英語が話せる

と思っていますが、
英語が話せなくても
高い英語力を持っている人は
実際にかなりいます。

英語力はスピーキング力だけでは
測れません。

あとTOEICでハイスコアを
取っていて英語が話せない人でも
きちんとスピーキングの
トレーニングをすれば
間違いなく英語は話せるように
なりますので、心配しなくても大丈夫です。

「TOEICのスコアが低くても
英語が話せるから大丈夫だ」
という人もいますが、
TOEICのスコアが低いということは
リスニングが弱く、語彙力も弱い
ということになります。

こういう人は相手の言っていることが
上手く聞き取れていなかったり
スムーズに英語を話しているように
見えても、実は言っていることが
相手に上手く伝わっていない可能性が
高いです。

本当にスピーキング力が高い人は
TOEICでもそれなりのスコアは
取ることが出来ますね。

「英語が話せるからTOEICのスコアは
低くても大丈夫」という声に
惑わされないようにして下さい。

きちんと相手に自分の言いたいことが
伝わるようにしましょう。

スポンサーリンク

3.実用的なTOEICのリスニング活用法

TOEICのリスニングでは
パート1,2に出てくる表現は
日常生活でよく使われる
実用的なものが多いので
覚えておくと役に立ちます。

例えば公式問題集4のパート1の
問題には以下のような表現が
載っています。

①They’re taking a stroll along a walkway.
(彼らは歩道を通って散歩している)

②Some boxes are stacked above the cainets.
(いくつかの箱が戸棚の上に積み重ねられている)

③A woman is facing a display case.
(女性は陳列ケースの方を向いている)

①の文ではtake a stroll(散歩する)
という表現が重要です。
公開テストにも何度も出ている
表現です。

②ではstack(積み重ねる)という語が
TOEICでは頻出表現です。

③ではface(~の方を向いている)
が重要表現です。
(第239回TOEICでも出題されました)

このように重要な表現が入った文は
何度も音読したり、書いたりして
覚えておくとスピーキング力が
アップします。

英会話スクールのレベルチェックでも
写真を見て描写する問題は
よく出されますから、よく使う表現は
覚えておくと良いですね。

さらに応用力を伸ばすのであれば
別の表現で文を言い換えると
さらに良いですね。

①であれば
They’re taking a walk along a walkway.
又は
They’re strlloing along a walkway.
とも言うことが出来ます。

②であれば
Some boxes are piled above the cainets.
とも言えますね。

③は
A woman is standing near a display case.
です。

TOEICではリスニング、リーディング
両方で出てきた語や表現の言い換えが
正解になることが多いので、
同義語や言い換え表現やストックする
ことはスコアアップに直結します。

新形式移行後はパート3,4に
こなれた会話表現も登場するように
なりました。

問題を解いた後にスクリプト(原稿)
を見て、知らない表現はチェックして
ノートやカードでまとめておくと
良いです。

TOEICのリスニングの問題は
ただ正解を選ぶのではなく
出てきた表現も貪欲に
覚えるようにしましょう。

TOEICに出てくる表現は
日常生活でよく使うものばかり
ですから、覚えておけば
スピーキングやライティングにも
役立つます。

スポンサーリンク

4.実用的なTOEICのリーディング活用法

リーディングの問題には
リスニングの問題と違い、
柔らかい会話表現は出てきませんが
ビジネスシーンで使える表現が
たくさんあります。

例えば

Please contact me by October 9
if this interests you.
(この可能性が御社の関心をひくようで
あれば、10月9日までに私にご連絡下さい)

Do not hesitate to contact us
with any questions or concerns.
(ご質問やご懸念がありましたら
遠慮なく当社にご連絡下さい)

といった表現はビジネスシーンで
そのまま使えますので、
書き留めておくと良いでしょう。

TOEICの学習を実用的なものに
するためには、TOEICに出てくる
表現やフレーズで使えそうなものを
自分のものにしていくことが
重要だと私は考えています。

ただ問題を解くだけではなく
使える表現やフレーズを
どんどんストックして
自分のものにしいていきましょう。

スポンサーリンク

5.TOEICが実用的かどうかのまとめ

TOEICが実用的かどうか、
役に立つかどうかについては
以前から肯定派、否定派の間で
論争が行われています。

私はこの手の議論には
全く興味がありません。

TOEICが実用的かどうか、
役にたつかどうかは
学習者の取り組み方次第です。

TOEICでハイスコアを出すことに
だけ集中して試験対策をすれば
スコアは上がるかもしれませんが
英語力はあまり上がらない
可能性があります。

TOEICに出てくる表現を覚えて、
実際にビジネスシーン等で使えば
TOEICは実用的になります。

TOEICに出てくる単語、フレーズ、
表現は日常生活やビジネスシーンで
よく使われています。

せっかくTOEICを受験して
対策に時間をかけるのであれば
TOEIC対策が英語力アップに
つながるようにしましょう。

今後より高い英語力を
身につけようとする時に
TOEICの対策で身につけた
英語力は必ず役に立ちます。

特にアウトプット(スピーキング
ライティング)を伸ばしたいと
思っている方は、どういう表現や
フレーズが実際に使えるかを
意識して学習するようにして下さいね。

TOEICを役に立たないという声に惑わされず
TOEICを有効に利用して英語の基礎を
しっかりと固めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする