スポンサーリンク

TOEIC配点は1問何点?点数換算の仕組み

「TOEICの試験が終わった。点数は何点取れているのか?」
「TOEICの配点方法と予想スコアが知りたい」
と思われている方も多いのではないでしょうか?

TOEICは200問出題され、満点は1000点
ではなく、990点です。

ということは「1問はいったい何点なの?」と
疑問に思っている人も多いと思います。

私も今までに「TOEICの配点はどうなっているのか」
という質問を受けたことが何度もあります。

今回の記事ではTOEICの配点について
書きたいと思います。

スポンサーリンク

1.TOEICの点数換算の仕組み

上にも書きましたが、TOEICはリスニング
セッションが100問、リーディングセッション
が100問の合計200問で行われます。

それぞれのセクションの最低スコアは5点で、
最高スコアは495点なので、トータルで
最低点が10点、 最高点が990点になります。

200問のテストなのに最低点が0点でなく、
最高点が1,000点ではないということに
疑問を持つ人が多いのではないでしょうか?

TOEICのスコアは正解数の単純な掛け算でなく、
複雑な統計処理を用いて出されています。

どういうロジックで算出されているかは
公開されていないので、誰にも分かりません。

TOEICのスコアの換算表は
こちらを御覧ください。

TOEICのスコアはどのようにして 算出されているかご存知ですか? TOEICのテストはリスニング1...

なぜこのような複雑な統計処理を用いて
スコアを計算しているかというと
問題の難易度による差をなくすためです。

TOEICの公開テストの難易度は当然
回によって差があります。

難しい回もあれば、簡単な回もあります。

ということは単純な正答数の掛け算で
スコアを算出すると、問題が簡単な回
のテストではスコアが高くなり、
問題が難しい回のテストでは
スコアが低く出てしまいます。

これではTOEICのスコアが受験者の
英語力を正しく表していることには
なりません。

こうした理由からTOEICのスコアは
複雑な統計処理を用いて算出されているのです。

ちなみにTOEICの問題を作成している
ETS(Educational Testing Service)は
TOEIC以外にもTOEFL,GRE(アメリカの大学院に
入る際に受験するテスト)も作成しています。

ETSはテストのスコアの客観性にものすごく
こだわっています。

つまり英語力が同じであれば、
基本的にはテストのスコアが同じに
なるようにテストを作成しているのです。

とは言えETSもTOEICのスコアに関して
リスニング、リーディング共に
それぞれプラスマイナス25点の誤差が
あることを認めています。

ということは全体でプラスマイナス50点の
誤差はあるということになりますね。

10点、20点のスコアの上下動は
誤差の範囲ですからあまり気にしないように
しましょうね。

2.TOEICのスコアの不思議

TOEICのスコアは990点ですが、
200問全問正解しなくても990点に
なるということをご存知ですか?

リスニングは大体95から97問の正解
リーディングは97問から99問の正解で
満点(495点)になります。

最近はあまりありませんが、
新形式移行前の公開テストでは
リーディングは全問正解でないと
満点にならない回もありましたね。

こればかりは受験した回の
問題の難易度で決まるので
どうしようもありませんが・・・

リスニングの方がミスが多くても
満点になるのは、やはり聞き逃し等の
リスクを考慮しているのだと思われます。

受験環境によっては起こる可能性が
ありますから・・・

リーディングはしっかり読めば
読み間違いというのはあまり
ありませんから満点を取るのに
リスニングより高得点が必要に
なるようです。

あとTOEICでは時々採点から除外される
問題があるようです。

どういう問題が採点除外になるかと
いうと、極端に正答率が低い問題です。

極端に正答率が低い問題は
受験者の英語力を正確に測れないと
みなされ、採点除外になるみたいですね。

正答率が極端に低い問題は
仮に間違えてもスコアに影響しませんので
安心して下さい。

3.TOEIC スコアレンジ換算表

参考までにTOEIC スコアレンジ換算表を
載せておきます。

(引用 TOEICテスト新公式問題集VOL4)

リスニング リーデイング
素点レンジ 換算点レンジ 素点レンジ 換算点レンジ
96-100 480-495  96-100 460-495
91-95 435-490 91-95 410-475
86-90 395-450 86-90 380-430
81-85 355-415 81-85 355-400
76-80 325-375 76-80 325-375
71-75 295-340 71-75 295-345
66-70 265-315 66-70 265-315
61-65 240-285 61-65 235-285
56-60 215-260  56-60 205-255
51-55 190-235 51-55 175-225
46-50 160-210 46-50  150-195
41-45 135-180 41-45 120-170
36-40  110-155 36-40  100-140
31-35 85-130 31-35 75-120
26-30 70-105 26-30 55-100
21-25 50-90 21-25 40-80
16-20 35-70 16-20 30-65
11-15 20-55 11-15 20-50
6-10 15-40 6-10 15-35
1-5 5-20 1-5 5-20
0 5 0 5

大体スコレンジの幅は45点から50点で
推移していますね。

スコアが低くなると、スコアレンジの
幅は狭くなりますが・・・

参考までに上の表の見方を説明します。

例えばリスニングの正答数が50問、
リーディングの正答数が50問の場合のスコアは
310-405点の範囲になります。

リスニング、リーディングそれぞれ
50点の誤差がありますので、
合計で約100点の幅がありますね。

ただこの換算表はやや古いので
現在は同じ正答数でももう少しスコアは
高くなると私は考えています。

こちらの記事にもっと詳しいスコア換算表を
載せていますので、参考にしてください。
(こちらの換算表の方がデータは新しいです)

TOEICのスコアはどのようにして 算出されているかご存知ですか? TOEICのテストはリスニング1...

4.TOEICスコア概算表

とはいえ正答数によるスコアの目安を
知りたいと思われる方も多いと思います。

点数別のスコアの概算表を作ってみました。
あくまで概算なので参考程度に
して下さい。

スコア 正答数 正答率 1問あたり配点
900点 184問 92% 4.9点
850点 174問 87% 4.9点
800点 164問 82% 4.9点
750点 153問 76.5% 4.9点
700点 142問 71% 4.9点
650点 131問 65.5% 5点
600点 126点 63% 4.8点
550点 119問 59.5% 4.6点
500点 111問 55.5% 4.4点
450点 103問 51.5% 4.4点
400問 95問 47.5% 4.2点

この表を見ると650点以上は1問5点で
点数が下がるにつれて1問あたりの
点数が下がっていることが分かりますね。

5.TOEICの点数換算のとめ

TOEICは今大学、企業等様々な所で
利用されています。

大学ではTOEICで所定の点数が取れないと
単位が認定されない学部もあると
聞きます。

就職活動をする際にもTOEICで
一定のスコアが取れていないと
エントリーが出来ない企業も
あるとか・・・

TOEICに対する批判は色々ありますが、
現在英語の試験で一番利用されているのは
疑いようのない事実です。

皆さんもTOEICで自分の目標点を
決めて学習されていると思います。

目標点を達成するためには
リスニング、リーディングで
何問正解しないといけないかを
知る必要がありますね。

自分の目標スコアを達成するために
是非この記事を参考にして下さい。

私も現在990点満点を目指して
頑張っています。

一緒に目標を達成できるように頑張りましょう。^^

関連記事▼

TOEICスコアの換算法。何問正解すると何点になる?
TOEICのスコア分布の詳細。点数毎の偏差値も掲載
TOEICのリサイクル問題。過去問を事前に知る方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする