スポンサーリンク

TOEICと翻訳。何点あれば仕事が出来る?

英語のプロと言って多くの方が
思い浮かべるのは通訳と翻訳では
ないでしょうか?

どちらも高い英語力が必要な
仕事です。

他のブログで翻訳についての
記事を書いていた時に、
「翻訳の仕事をするために
TOEICの点数は何点必要か」
という質問をよく頂きました。

もしかしたらこのブログを
お読みの皆さんも同様の
疑問をお持ちかもしれませんね。

この記事では翻訳の仕事と
TOEICのスコアの関係について
書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

1.翻訳者になるためにはTOEICは何点必要?

私は翻訳の仕事をするために、
プロの翻訳者の通信講座を
受講しました。

その時先生は

「翻訳の仕事をするために必要な
英語力は英検1級、TOEIC900点だ」

とおっしゃいました。

ただその時おっしゃったのは、
英検1級、TOEIC900点を取得しないと
ダメだということではなく、
それと同等の英語力が必要だと
いうことです。

実際先生は英検も受験されて
いなかったですし、TOEICも
大学時代から全く受験されて
いませんでした。

でも英語の実力は抜群で、
英検1級の対策も教えていらっしゃいました。

要は英検1級又はTOEIC900点を
取れる実力があればそれで良いと
いうことです。
(実際に取得していなくても良い)

スポンサーリンク

2.翻訳の仕事をする上で必要なこと

私の翻訳の先生は翻訳の仕事をする上で
必要なことは3つだとおっしゃいました。

1.英語力
2.日本語力
3.調査力

の3つが必要です。

後あった方が良いのは専門知識です。

特に特許翻訳や医薬翻訳はかなり
専門的な内容の文書を翻訳しないと
いけませんので、専門知識は
絶対に必要ですね。

1の英語力については言うまでも
ありませんね。

ただ英語力と言うとあまりにも
漠然としていますので
もっと具体的に言うと、
英日翻訳の場合は
英語を読んで正しく解釈して
適切な日本語にする力、
日英翻訳の場合は
原文の意味をきちんと理解して
日本語を適切な英語にする力
のことです。

2の日本語力については
2つの力が必要です。

1.英語を適切な日本語にする力
2.原文の日本語を正しく解釈する力

1については英日翻訳の際に
欠かせません。

普通に英語を読むのであれば
意味が分かればそれで十分ですが、
翻訳の仕事をするのであれば
英文に書かれていることを、
読み手がきちんと理解できる
日本語で表現できないと
いけません。

意味は何となく分かるのだけれど
日本語では何と言うのだろうでは
翻訳の仕事は出来ません。

2は日英翻訳をする際に
必要な力です。

日本語はハイコンテクスト
(文脈依存する)な言葉ですので
原文に書かれていない内容を
きちんと読み取って
英語に翻訳する必要があります。

日本語で言いたいことをきちんと理解して
言いたいことがきちんと伝わるように
英語に翻訳する必要があります。

3の調査力は翻訳の仕事で
必要な力です。

翻訳をしていると分からないことが
たくさん出てきます。

翻訳者は、分からないことを
きちんと調べて間違いの
ないように翻訳をしなければ
いけません。

特に固有名詞の正式名称等の
間違いは致命傷になりますから・・・

私は翻訳の仕事をする上で
調査力はかなり重要だと
考えています。

特にインターネット全盛の時代では
ネットを使った検索能力が
翻訳者には求めれています。

実際に翻訳者向けのインターネットの
検索方法について書いた本が
何冊も出版されていますから・・・

スポンサーリンク

3.TOEICのスコアと翻訳に必要な力

2で翻訳の仕事をするために
必要な英語力は英検1級、
TOEIC900点だと書きましたが、
ではTOEIC900点あれば、
翻訳の仕事が出来るかというと
話しはそう簡単ではありません。

その理由はTOEICで高得点を取る力と
翻訳をする上で必要な力は
全く異なるからです。

TOEICで高得点を取るために
必要な力は英語を処理するスピードです。

特にTOEICのリーディングでは
多量の英文を高速で処理する力が
求められます。

ところが翻訳では英文を
高速に処理する力はあまり
必要ではありません。
(強いて言えば、締め切りが
厳しい仕事を受注した時に
必要になるぐらいです)

むしろ翻訳者には英文をじっくり読んで
間違いのないように英文を解釈して
日本語にする力が求められています。

このようにして見てみると
TOEICで求められている力と
翻訳者として求められている力は
全く異なります。

ですからTOEICでハイスコアを
取っているからと言って
必ずしも良い翻訳が出来る
わけではありません。

多言語翻訳者の猪浦道夫氏は
著書「TOEIC亡国論」の中で
「TOEICの点数と翻訳者としての
力は全く関係ない。TOEIC900点
以上取っていても翻訳が全然ダメ
な人もいれば、TOEIC600点台でも
完璧な翻訳をする人もいる」
とおっしゃっています。

ですからTOEICのスコアに
こだわるのはあまり意味がありません。

参考程度に考えておくのが
一番です。

スポンサーリンク

4.TOEICのスコアと翻訳のまとめ

今までに翻訳の仕事をしたいと
思われている方の
相談を今まで何回か受けてきましたが、
多くの方が「TOEICで900点を取れたら
翻訳の勉強をします」と言われていました。

実を言うと私も翻訳の仕事をするのは
英検1級、TOEIC900点を取ってからだ
と思っていました。
(実際に翻訳の勉強を初めたのは
TOEIC900点、英検1級を取得した後です)

でも今思えば、遠回りなことを
したと思います。

もっと早くから翻訳の勉強をやって
おけば良かったというのが
現在の正直な気持ちです。

もちろん英検1級を取るための勉強も
TOEICの勉強も無駄にはなっていませんが・・・

はっきり言えばTOEICで900点を
取ったからと言って、
翻訳が出来る力があるわけではありません。

翻訳の仕事をしたいのであれば、
TOEICの学習より、たくさん
本を読んだり、実際に英日、
日英の翻訳の練習をする方が
はるかに有益です。

翻訳をするのに英語力は確かに
必要です。

だからと言ってTOEICのスコアを
上げることに労力をかけたりするのは
ナンセンスです。

翻訳の仕事をしたいのであれば
翻訳の本で学習したり、
翻訳の通信講座を受講することを
お勧めします。

翻訳の通信講座は大手であれば
大体どこでも大丈夫です。

大手の会社であれば、優秀な成績で
翻訳講座を修了すれば、仕事を紹介して
もらえることもあります。
(DHC等)

翻訳の仕事をしたいと思われている人は
TOEICのスコアにこだわリすぎないように
して下さい。

この記事が翻訳の仕事をしたいと
思われている方のお役に立てば
嬉しいです。(^o^)

英語を使う仕事として真っ先に頭に浮かぶのは おそらく通訳、翻訳の仕事では ないでしょうか? 言うまでもなく通訳、翻訳の仕事...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする