スポンサーリンク

金フレと金のセンテンス。どちらを使ったら良い?

金のフレーズと金のセンテンスの違いについて説明しています。

TOEICの単語集でおそらく一番人気があるのはTEX加藤先生の「出る単特急金のフレーズ」、通称「金フレ」でしょう。

2019年の2月に「出る単特急 金のセンテンス」が発売されました。(この本の著者もTEX加藤先生)

同じ著者単語集が2冊ありますので、どちらの単語集を使えば良いか迷っている人も多いのではないかと思います。

今回の記事では「金フレ」と「金のセンテンス」のどちらを使えば良いかについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

1.金フレと金のセンテンス。どちらを使うべき?の結論

まず始めに結論を書きます。

覚え方で言うと

英⇒日で覚えたい人は「金のセンテンス」、日⇒英で覚えたい人「金フレ」

フレーズで覚えたい人は「金フレ」、文章で覚えたい人は「金のセンテンス」

レベルで言うと

TOEIC500~600点の人は「金フレ」、TOEIC600点以上の人は「金のセンテンス」

学習時間で言うと、

早く単語を覚えたい人は「金フレ」、じっくりと時間をかけて単語を覚えたい人は「金のセンテンス」

という感じです。

次に「金フレ」と「金のセンテンス」の違いについて書きます。

スポンサーリンク

2.「金フレ」と「金のセンテンス」の違い

金フレと金のセンテンスの違いについて見てみましょう。

単語数

「金フレ」と「金のセンテンス」ではまず収録語数が大きく異なります。

「金のセンテンス」の約1,500語には「金フレ」の約1,000語に加えて、
「金フレ」に収録されている語の派生語、最近のTOEICの公開テストや韓国の公開テストで出題されている語が含まれています。

・金フレ:約1000単語
・金のセンテンス:約1500単語

最近の傾向の反映

「金フレ」(改訂版)の初版は2017年1月、金のセンテンスの初版は2019年2月ですから、「金のセンテンス」の方が最近のTOEICの公開テストの傾向は反映されています。

著者のTEX加藤先生は、公開テスト終了後にテストに出てきた単語をTEXメモにまとめ、著書に反映していると言われています。

ただTOEICに出る単語の傾向はそれ程変わっていませんので、それ程気にしなくて大丈夫です。

本の構成

本の構成は大きく異なります。

「金フレ」はフレーズ形式で日本語⇒英語の形式で収録されています。

「金のセンテンス」はセンテンス(文章)形式で英語⇒日本語の形式で収録されています。

1500語を360文のセンテンスでカバーしているのは本当に素晴らしいですね。

センテンス形式で収録されていますが、センテンスの長さはTOEICのパート5の上限の語数の23語以内ですので、ものすごい長文というわけではありませんので、安心して下さい。

対象レベル

「金のセンテンス」の方が「金フレ」よりレベルは高めです。

収録語数も「金のセンテンス」の方が500語多いですし、フレーズ形式で収録されているので、「金フレ」より難易度が高めです。

特に後半に収録されているセンテンスは難易度が高いです。

一概には言えませんが、1つの目安としてTOEIC600点以下の方には「金フレ」、TOEIC600点以上の方には「金のセンテンス」がお勧めです。

スポンサーリンク

3.金フレをお勧めできる人

「金フレ」をお勧めできる人

*TOEIC600点以下の人
*単語をフレーズで覚えたい人
*なるべく短時間でTOEICに出る単語を覚えたい人

「金フレ」をお勧めできない人

*TOEIC500点以下の人⇒著者のTEX加藤先生はTOEIC500点以下の人には「銀フレ」をお勧めされています。
*単語をセンテンスの中で覚えたい人
*1冊でなるべくたくさんの単語を覚えたい人

私は個人的には「金フレ」が大好きです。私自身も「金フレ」を使ってここに出ている単語はほぼ全部覚えました。(最近忘れてきていますが・・・)

「金フレ」に載っている単語は本当にTOEICによく出ます。

単語の右側に書いてあるTEX加藤先生のオタクなTOEICネタも面白いですね。

個人的には「金フレ」は中級者以上の方にはイチオシの単語集です。

スポンサーリンク

4.金のセンテンスをお勧めできる人

「金のセンテンス」をお勧めできる人

*TOEIC600点以上の方
*単語をセンテンス(文)で覚えるのが好きな人
*1冊でなるべく多くの単語を覚えたい人

「金のセンテンス」をお勧めできない人

*TOEIC600点以下の方⇒「金フレ」か「銀フレ」をお勧めします
*単語をセンテンス(文)で覚えるのが苦手な方
*短期間でTOEICに出る単語を覚えたい方

「金のセンテンス」はセンテンス(文)で単語を覚えたい方には最高の単語集だと思います。

TOEIC頻出英単語1500をたった360文にまとめたTEX加藤先生は本当にスゴイです。

ただ特に後半に収録されているセンテンスは構文がやや複雑なので、リーディングのスコアが低い人には少しツライかもしれません。

TOEICのスコアが600点以上でもリーディングのスコアが低い人は、「金フレ」の方があっている場合もあります。

「金フレ」と「金のセンテンス」を選ぶ際は、なるべく書籍を実際に手にとって比べてみることをお勧めします。

どちらも素晴らしい単語集なので、どちらを選んでも良いですよ。(^o^)

スポンサーリンク

5.「金フレ」、「金のセンテンス」の学習法

「金フレ」、「金のセンテンス」の学習法は各自が好きなようにすれば良いのですが、朝日新聞出版社のホームページから無料で音声がダウンロード出来るので、是非有効に使いましょう。

「金フレ」

https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=18732

「金のセンテンス」

https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20759

音声を聞く時に是非使って欲しいアプリがabceedです。

https://www.abceed.com/

教材音声は原則無料で再生できます。(一部優良音声もあります)

abceedでは音声の再生スピードも簡単に変えることが出来るので、とても便利です。

個人的におすすめの学習法は

①音声を聞いてみる(数回)
②音声の後で口に出して言ってみる
③シャドーイングする
④日本語の後に口に出して言ってみる

です。

①から④を全てやらなくても大丈夫ですよ。①と②だけでも効果は十分あります。

重要なのはただ単語やフレーズを見るだけでなく、声に出して言うということです。
声に出すと単語を早く覚えることが出来ますよ。

是非試してみて下さい。

スポンサーリンク

6.金フレと金のセンテンス。どちらを使うべき?のまとめ

まとめ▼

・フレーズで覚える人は「金フレ」、センテンスで覚える人は「金のセンテンス」
・「金フレ」は万人向けで、「金のセンテンス」はTOEIC600点以上の人向け
・TOEIC500点以下の人は「銀フレ」

「金フレ」も「金のセンテンス」はTOEICの単語集としてはとても良くできているので2冊とも自信を持っておすすめできます。

単語集は人によって向き不向きがありますので、実際に手に取って自分に合った単語集を選んで下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする