スポンサーリンク

金フレか銀フレか?どちらの単語集を選んだら良い?

TOEICの単語集もたくさんありますが、
TOEIC学習者の間で人気があるのは
カリスマTOEIC講師TEX加藤さんが書かれた
「出る単特急 金のフレーズ」「金フレ」
と「出る単特急 銀のフレーズ」「銀フレ」
です。

記事を書いている時点で「金フレ」が
TOEIC(単語・熟語)部門で1位、
「銀フレ」が5位です。

同一著者の本が2冊そろって
ベスト10に入っていることは
すごいことですよね。

ただ「金フレ」と「銀フレ」の
どちらを買ったら良いのか
迷っている方も多いのでは
ないでしょうか?

この記事では 「金フレ」と「銀フレ」
のどちらを買えば良いかについて
書きます。

スポンサーリンク

1.金フレと銀フレのどちらを買うべきかの結論

結論は極めてシンプルで
初心者(TOEIC500点以下)の方は
「銀フレ」、中級者(TOEIC600点以上)
の方は、「金フレ」を使って下さい。

ちなみに「金フレ」のはしがきには

なお、本書の想定読者は、
TOEIC500点以上のレベルです。
簡単なレベルチェックの方法として
朝日新聞出版社HPの本書のページ内に
掲載されている「TOEIC基本単語200」
をご覧下さい。

この200語のうち、半分以上分からなければ、
基本単語に不安があります。
その場合、まずは高校基礎レベルの
単語集を1冊仕上げてから、
本書に取り組まれることをお勧めします。

半分以上わかった方もこの200語を
しっかり頭に入れてから、本書に
取り組んで下さい

と書いてあります。

TOEICでは難しい単語を知らないより
簡単な単語を知らないと困ることが
多いです。

「TOEIC基本単語200」の内
半分以上の単語が分からない方は
迷うことなく「銀フレ」を
使うようにして下さい。

スポンサーリンク

2.銀フレをオススメできる人・オススメできない人

オススメできる人

・TOEIC初心者(スコア500点以下)
・英語が苦手でやり直す人
・中学レベルの単語力が怪しい人

オススメできない人

・TOEICのスコアが600点以上の人
・基本的な単語力がある人
・ハイレベルの単語をマスターしたい人

銀フレに出ている単語は、
大体中学レベルから高校1年ぐらいの
レベルです。

ほとんどがかなり基本的な単語ですが、
長年英語から離れていた人は
このレベルの単語も忘れていることが
結構多いですね。

「銀フレ」に出ている単語が分からないと
TOEICのリスニング、リーディング両方で
かなり苦戦することは必至です。
(このレベルの単語が分からないと
会話や文章の内容が理解できません)

TOEICでは綴りを問われることは
ありませんので、単語を見たら
意味が2秒以内で言えるように
なるまで繰り返し学習しましょう。

オススメの学習法はフレーズを何度も
音読することです。

声に出して覚えると
五感を刺激するので
早く覚えられるのでオススメです。

ホームページから無料で音声を
ダウンロード出来ますので
単語の発音もきちんとチェック
して下さいね。

単語の発音を適当にすると
リスニングで苦労しますので
気をつけて下さい。

単語学習は時間をあまりかけずに
3ヶ月以内で1周させるように
しましょう。

スポンサーリンク

3.金フレをオススメできる人・オススメできない人

オススメできる人

・TOEIC中級者以上(スコア600点以上)
・ハイレベルな単語を覚えたい人
・TOEICに出る単語を完璧にしたい人

オススメできない人

・TOEICのスコアが500点以下の人
・基本的な単語力がない人
・基本的な単語をマスターしたい人

最初に書きましたが、
「金フレ」はTOEICのスコアが
500点以上の人向けです。

ただ私としてはスコアが600点
ぐらい合あった方が学習がスムーズに
進むのではないかと感じています。

金フレは、600点レベル、730点レベル
860点レベル、990点レベルに
分かれていますので、
自分の目標に合わせて使うことが
出来ます。

860点レベル、990点レベルには
かなり難しい単語が載っていますので
中級者の方はまずは
730点レベルまでマスター
するのを目標にすると良いですね。

上級者の方は860点レベル、990点レベル
までやって下さい。

「金フレ」に出ている単語を
マスターすれば、TOEICの公開テストで
単語で困ることはまずありません。
(知らない単語が1つもなくなると
いうことではありません)

頑張りましょう!!

スポンサーリンク

4.金フレと銀フレのどちらを買うべきかのまとめ

まとめ▼

・TOEIC500点以下の人は銀フレ
・TOEIC600点以上の人は金フレ
・迷った時は銀フレを選ぶ

「金フレ」と「銀フレ」のどちらを
買えば良いか迷っている人の多くは
スコアが500点から600点ぐらいの
人が多いのではないかと思います。

TOEICのスコアと単語力は
ある程度相関関係がありますが、
スコアが500点の人より600点の人の
方が単語力があるとは限りません。

「金フレ」と「銀フレ」のどちらを
買えば良いか迷っている方は
「銀フレ」の最初の数ページに
ざっと目を通してみて、
1ページに知らない単語が2つ以上
あるなら、迷わずに「銀フレを」
使うことをお勧めします。

「銀フレ」の最初の基本的な単語の中に
知らない単語があると後々困りますので
ここは焦らず「銀フレ」から
始めましょう。

基本的な単語に穴があいているのは
致命的ですから・・・・

「銀フレ」と「金フレ」には
それぞれ1000語の単語が
収録されていますが、
「銀フレ」の見出し語の約半数は
「金フレ」にも収録されています。

ということは「銀フレ」と「金フレ」
を両方学習したとしても
覚えないといけないのは
2000語ではなく、1500語だと
いうことです。

この1,500語をマスターすれば
TOEICの単語はほぼ完璧だと
言えます。

このブログで何度も書いていますが
TOEICの学習に限らず英語学習の
基本は、単語、文法、発音です。

「銀フレ」、「金フレ」を使って
TOEICに出る単語を効率よく
マスターしましょう。

追伸

先日金フレに出ている単語+αを
収録した「出る単特急 金のセンテンス」
が販売されました。

又購入してレビューします。

関連記事▼

TOEIC特急シリーズはどれがおすすめ?厳選した9冊を紹介
TOEIC 特急シリーズ 初心者向けに厳選した7冊を紹介
TOEICの単語集。選び方と学習法を解説

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする