スポンサーリンク

TOEICテスト 新形式だけ でる200問のレビューと感想

TOEICの書籍はたくさんありますが、
新形式だけの問題を扱った書籍は
「TOEICテスト 新形式だけ でる200問」
だけではないでしょうか?

今回の記事では
「TOEICテスト 新形式だけ でる200問」の
レビューと感想について書きます。

スポンサーリンク

1.TOEICテスト新形式だけでる200問の総合評価

TOEICテスト 新形式だけ でる200問
の総合評価(5段階評価)

おすすめ度 ★★★★★
対象者 TOEIC500点から900点
問題の質 ★★★★☆
解説 ★★★★★
コストパフォマンス ★★★★★
価格 1,728円(税込み)

「TOEICテスト 新形式だけ でる200問」
は最初にも書きましたが、おそらく
市販されているTOEIC書籍の中で
唯一の新形式の問題だけを収録した
書籍です。

この書籍の著者は多くのTOEIC書籍を
出されているカリスマTOEIC講師の
濱崎潤之輔(HUMMER)さん
とTommy(大里秀介)さん。

濱崎さんと大里さんは
TOEICの公開テストを継続して
受験されていますので
TOEICの問題については
知り尽くされています。

1流のTOEIC講師2人による
書籍ですので、新形式の問題の
対策をしたいと思っている全ての
レベルの人に自信を持って
お勧めします。

スポンサーリンク

2.TOEICテスト新形式だけでる200問の問題のレベルと質

「TOEICテスト新形式だけでる200問」
の問題のレベルは現在のTOEICの公開テスト
の問題と同レベルかやや易しめです。

問題の質の星を1つ減らしているのは
問題の質が悪いという意味ではなく、
現在の公開テストの問題と比較すると
問題がやや易しいというのが理由です。
(それ程気にしなくても大丈夫です)

「TOEICテスト新形式だけでる200問」が
発売されたのが、TOEICが新形式に
なった直後の2016年の6月ですから
仕方がないですね。

2016年の6月の問題と現在の問題を
比べると現在の問題の方が難易度は
かなり高いです。

でも逆に言えば、現在の公開テストの
問題がやや難しく感じる人は
「TOEICテスト新形式だけでる200問」
で対策をするとレベル的には
ちょうど良いかもしれませんね。

ちなみに問題は

part3&4 グラフィック問題⇒16セット
センテンス意図問題⇒14セット
part6 センテンス挿入問題⇒10セット
part7 チャットタイプ⇒14セット
センテンス位置問題⇒5セット
トリプルパッセージ⇒10セット
合計 240問

となっています。

1,724円で240問の問題を解くことが
出来ますので、コストパフォーマンス
は良いですね。

ちなみに別冊でランダムに編集された
問題を解くことができます。

リスニングの音声は本編とは
違うナレーターになっていて
別途ダウンロードする必要が
あります。

違うナレーターによる音声が
用意されているので、
同じ問題も新鮮な気持ちで
解くことが出来ますね。

このような細かい配慮が
学習者にはありがたいです。

スポンサーリンク

3.TOEICテスト新形式だけでる200問の問題の解説

「TOEICテスト新形式だけでる200問」の
解説はかなり詳しく、1問1問に
詳細な解説がされています

まずほんの最初にパートごとに
新形式の問題についての解き方が
詳しく書かれています。。

又随所に「パワーアップトーク」
という対談式のコラムがあり、
このコラムが読んでいて
楽しいですよ。
(掛け合い漫才みたいです。^^;)

TOEICを知り尽くしたHUMMERさんと
Tommyさんのアツいトークは
一見の価値があります。

他には「新形式チェックポイント」
というコラムでは、新形式の問題を
解く時に気をつけることを
確認出来ます。

さずがTOEIC書籍をたくさん出版している
アスク出版だけあって、学習者が
使いやすいような工夫が随所に
見られます。

スポンサーリンク

4.TOEICテスト新形式だけでる200問の使い方

TOEIC学習者の中には旧形式の
対策書を使っている方も
多いのではないでしょうか?

「旧形式の書籍はもう使えませんか?」
という質問を時々頂きますが、
新形式になってからも
新形式の問題は全体の18%に
過ぎません。

ということは88%の問題は
変わっていませんので
まだまだ旧形式の対策書は
使えます。

旧形式の対策書と併せて
「TOEICテスト新形式だけでる200問」
を使えば、新形式のTOEICにも
十分対応できます。

こちらの記事も参考にして下さい。

皆さんもご存知の通り、 TOEICの公開テストは2016年の5月から 形式が変更になりました。 問題数が減ったパー...

旧形式の書籍も有効活用して下さいね。

スポンサーリンク

5.TOEICテスト新形式だけでる200問のまとめ

このブログで何度も書いていますが、
TOEIC書籍の良し悪しは著者で
決まります。

「TOEICテスト新形式だけでる200問」
の著者の濱崎潤之輔さんと大里秀介さんは
TOEIC講師の中でも間違いなく
超一流の講師です。

「TOEICテスト新形式だけでる200問」
を学習していても、学習者に対する
気配り、配慮をものすごく感じますね。^^

2016年にTOEICが新形式になって
多くの人がTOEICが難しくなったと
言っています。

ただやみくもに問題を解いても
なかなかスコアは上がりません。

「TOEICテスト新形式だけでる200問」
で新形式の問題の解き方を学べば
短時間でTOEICのスコアを上げることが
出来ます。

新形式の問題の解き方が分からない、
解き方を知りたいと思われている人は
是非「TOEICテスト新形式だけでる200問」
を手にとってみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする