スポンサーリンク

TOEICに入門ビジネス英語は役に立つのか?

毎年4月になると書店に平積みで
NHKの語学講座のコーナーが出来ます。

4月になると、多くの人が
「さぁ、頑張って英語をやろう」
と思うのでしょうね。^^;

NHKの語学講座を利用して
TOEICの学習をしようと
思われている方も多いでしょう。

今回はTOEICの対策に入門ビジネス英語が
有効かどうかについて書きます。

スポンサーリンク

1.入門ビジネス英語は役に立つのかの結論

「入門ビジネス英語」はTOEIC対策
として有効です。

NHKの英語講座の中ではTOEIC対策としては
ベストだと私は思います。

「入門ビジネス英語」はビジネスで
使われる英語表現を学ぶことができる
講座ですので、TOEICに出る
語彙、表現を身につけることが出来ます。

「入門ビジネス英語」に適したレベルは
TOEICのスコアで言えば500点から700点の人で
800点以上のスコアを目指す人に向いています。

TOEIC500点以下の人には
少し難しすぎるでしょう。

2.「入門ビジネス英語」をオススメする理由

1.レベルがちょうど良い

2.ビジネス英語の表現が学べる

3.テキストの分量が適切

1のレベルについてですが、NHKは、
国際標準として学校教育にも
取り入れられつつあるCEFR
(ヨーロッパ言語共通参照枠)
に基づいて「A1」から「C2」に
レベル分けしています。

B1レベルは

社会生活での身近な話題について理解し、
自分の意思とその理由を簡単に説明できる

+日常生活ならだいたい理解できる。
+海外を旅行中に、さまざまな対応ができる。
+簡単だが、首尾一貫した文章を作れる。

とされています。

私はTOEICで要求されているレベルは
大体B1レベルだと感じています。
(CEFRはスピーキング、ライティングの
能力も考慮しています。)

2については「入門ビジネス英語」では
ビジネスで使われる英語表現を
学ぶことが出来ます。

これらの表現は当然TOEICにも
よく出てくるので、TOEIC対策として
役に立ちます。

以前の記事で「実践ビジネス英語」は
TOEIC対策に向いていないと書きました。

「実践ビジネス英語」に収録されている英語は
ビジネス英語とというよりは、ビジネスでの
small talk(雑談)だったので、
TOEIC対策には向いていないと判断しました。
(レベルが高すぎることも理由ですが・・・)

NHKの英語講座に限りませんが、
英語の教材を選ぶ時は
レベルと教材の内容が合っているか
どうかを確認することが重要です。

3についてですが、「入門ビジネス英語」
のテキストは100ページ程と
厚すぎず、薄すぎずちょうど良い分量です。

レッスンも週2なので、忙しいビジネスマンの
人にもそれ程負担にならないところも
良いと私は思います。

又2018年の4月からTOEIC講師の
濱崎潤之介さんによる
「基礎を固めてTOEICL&Rテストを攻略
濱崎流!あせらず学ぶ英文法」
というコラムが連載されます。

毎回、パート毎にテーマがあり
具体的な解説を読んで、
実際に問題を解いていくという形式。

重要なポイントをよくおさえていて、
解説も分かり易いですね。

ただTOEICでのスコアアップを目指すと
いうよりは、各問題がどのような
ビジネスシーンを想定して作られているか
について解説されいています。

3.「入門ビジネス英語」の活用例

せっかく講座を受講するのであれば
ただ講座を聞くだけではもったいないです。

講座を最大限活かすことができる
活用方法の1例を書いてみますね。

「入門ビジネス英語」の活用例

1.テキストを見ながら音声を聞く

2.音声にあわせて声に出してみる

3.テキストの文章を何度も音読する

4.シャドーイングをする

まずはテキストを見ながら音声を
聞きます。

ただややレベルが高いと思われる人は
事前にテキストをあらかじめ読んでおいた
方が良いですね。

次に音声に音声にあわせて声に出します。
(オーバーラッピングとも言います)

この時なるべく音声と同じリズム、
イントネーションで声を出すことが
重要です。

その後テキストを音読します。
回数は特に決まっていませんが、
重要表現は覚えるつもりでやると
良いですね。

最後はシャドーイングです。

シャドーイングは文字通り
影のように音声についていきます。

やり方は英文のスクリプトは見ずに
音声に少し遅れて発話していきます。

シャドーイングはかなり負荷が高い
トレーニングなので、やってみて
難しそうであれば、音読を中心に
やってみてください。

最初はかなりゆっくりとした音声から
やるとスムーズに出来ます。

後お勧めはヘッドフォンを使うこと。

慣れない内はシャドーイングをしていると
自分の声が気になって
音声に集中できないかもしれませんから・・・

ちなみにシャドーイング専用の
ヘッドフォンも販売されています。

シャドーイングはリスニングに
効果があるのはもちろんですが、
英語の処理速度が速くなりますので
リーディングのスピードも上がります。

まさに一石二鳥のトレーニングですね。^^;

あと出来ればテキストで取り上げられた
重要表現を覚えるようにして下さい。

TOEICはマークシート方式の試験ですが、
単語や重要表現な表現を覚えておいた方が
絶対に良いですよ。

「入門ビジネス英語」やTOEICの公開テスト
に出てくる表現は実際にビジネスの
現場でも使えますので、この機会に
覚えてしまいましょう。

4.入門ビジネス英語は役に立つのかのまとめ

毎年4月になると英語を学び始める人が
増えますが、大体1ヶ月も持たずに
学習を止めてしまいます。^^;

NHKのラジオ講座はテキスト代も
500円前後と安く、講座の内容
も素晴らしく。担当する講師も
皆一流の方ばかりです。

一度に多くの講座を受講される方も
いらっしゃいますが、
私は1つの講座に絞って受講することを
お勧めします。

一度に複数の講座を受講すると
復習に手が回らないことが多いからです。
(復習の時間が十分取れる人は
複数の講座を受講しても大丈夫です。)

どんなに良い番組も復習をしなければ
効果はあまり望めません。

「入門ビジネス英語」を
しっかり活用して
TOEICのスコアを上げるように
頑張りましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする