スポンサーリンク

TOEICの韓国模試。厳選したおすすめの本を紹介!!

日本より韓国の方がTOEICを熱心に
学習している人が多いと言われています。

韓国では就職する際もTOEICで
かなりハイスコアが必要だと
言われています。

ちなみにサムソンでは新卒で
入社するためにはTOEIC900点が
必要です。

TOEICの平均点も韓国の平均点は
日本の平均点よりも100点高い
そうです。

韓国のTOEICの対策書、模試の数も
日本とは比べ物にならない程
多いですね。
(本屋さんに大量のTOEIC本が
平積みされています))

日本でも最近は韓国のTOEIC模試を
使う人の数が増えてきています。

今回の記事ではおすすめの
TOEICの韓国模試について
書きます。

スポンサーリンク

1.おすすめのTOEICの韓国模試

実はTOEICの韓国模試にも
日本語で発売されている模試と
韓国で発売されている模試の
2種類があります。

日本語で発売されている模試は
解説が日本語で書かれていますが、
韓国で発売されている模試は
当然のことですが、解説は
ハングルで書かれていますので
注意してください。

韓国で発売されている模試は
基本的に解説が必要ない
上級者向けです。

日本で販売されているおすすめの韓国模試

*韓国で販売されているおすすめの韓国模試

スポンサーリンク

2.日本で販売されているおすすめの韓国模試

指標 評価
おすすめ度 ★★★★★
問題の質 ★★★★★
レイアアウト ★★★★☆
解説の分かりやすさ ★★★★☆
コストパフォマンス ★★★★★
収録問題数 各1000問
値段 3,672円(税込み)
対象レベル TOEIC700点以上

日本で発売されている韓国模試で
一番のお勧めはこのYBMの模試です。

実は最近のTOEICの公開テストの
問題はTOEICを主催している
ETSは作成していないと
言われています。

問題を作成しているのはこの模試を
発行しているYBMだそうです。

ということはこのYBMの模試は
準公式問題集と言っても
差し支えないでしょう。

この模試の問題はリスニング、
リーディング共やや難しく、
公開テストの難易度を100とすれば
103から105ぐらいの難易度です。

韓国のTOEIC模試のリスニングの
ナレーターは、クセのある話し方を
する人が結構いますので
この模試でも少し聞き取りにくく
感じるかもしれませんね。

韓国のTOEIC模試のナレーターは
アクセント(訛り)が強い人が
多いですね。

リーディング模試も解説は
詳しいのですが解説に
問題文が掲載されていないので
問題と解説を並べてみないと
いけないところがちょっと
マイナスポイント。

この模試に限らず韓国のTOEICの教材は
日本のTOEIC模試と比べると
学習者のことを考えて作られて
いませんのでその点はご了承下さい。

指標 評価
おすすめ度 ★★★★☆
問題の質 ★★★★☆
レイアアウト ★★★☆☆
解説の分かりやすさ ★★☆☆☆
コストパフォマンス ★★★★★
収録問題数 各700問
値段 各2,592円(税込み)
対象レベル TOEIC700点以上

ハッカーズは韓国では定評があり
特に上級者の間で人気があります。

ハッカーズは上級者向けの
模試ですので問題のレベルはかなり高いです。

公開テストの難易度を100とすると
この模試の難易度は107から110ぐらいです。

自信がない時にやると
自信喪失しますので注意して下さい。^^;

リスニングの模試は音声ファイルの
ダウンロードが少し面倒ですね。

リスニングの問題は全パートを
通して単語のレベルが高いので
難しく感じると思います。

リーディングはパート5が
かなり難しいです。

個人的には少し問題を
ひねり過ぎかなという感じます。

パート6,7は公開テストより
文書量がかなり多いので、
時間内に解くことは至難の業。

ちなみに私も時間内には
終わりません。^^;

この模試は表紙に書いてあるように
解説をなくして、価格を下げています。

パート7については解答の根拠に
なる箇所には下線が引いてあるのが
せめてもの救いですね。

とにかく問題をたくさん解きたい
上級者にお勧めの模試です。

スポンサーリンク

3韓国で販売されているおすすめの韓国模試

指標 評価
おすすめ度 ★★★★☆
問題の質 ★★★★★
レイアアウト ★★★★☆
解説の分かりやすさ ☆☆☆☆☆
コストパフォマンス ★★★★★
収録問題数 各1000問
値段 4,300円、4,500円(税込み)
対象レベル TOEIC700点以上

この問題集は既出問題集という
名前がついていますが、
2017年に韓国で実施された
公開テストの過去問です。

公開テストの過去問ですので
問題の質は高いです。

難易度は日本の公開テストよりは
やや難しいですが、
YBMやハッカーズの模試と比べると
そこまで難しくはありません。

この模試を使う際に
注意点が2点あります。

1.リスニングの音声ファイル

この問題集のリスニングには
音声CDがついておらず、
音声ファイルをダウンロード
する必要があります。

音声ファイルをダウンロードする
サイトは韓国のサイトですので
手順が分かりにくいです。

販売している業者によっては
ダウンロードの手順を説明して
もらえますので、購入の際は
確認して下さい。

(アマゾンで購入されるのであれば
bbtさんで購入すると、ダウンロードの
手順を教えてもらえます。)

2.解説はハングルで書かれている

当然と言えば当然ですが
韓国で販売されている書籍なので
解説は全てハングルで書かれています。

韓国語が分かる人以外は
解説を読んでも理解できませんので
この点はご了承下さい。

基本的に解説が必要ないないと
いう人向けです。

指標 評価
おすすめ度 ★★★★☆
問題の質 ★★★★☆
レイアアウト ★★★★☆
解説の分かりやすさ ☆☆☆☆☆
コストパフォマンス ★★★★★
収録問題数 各1000問
値段 2,397円、2,435円(税込み)
対象レベル TOEIC700点以上

こちらの問題集も2016年度の
韓国の公開テストの過去問です。

構成等は全て同じですが、
価格は約2,000円安いです。

問題は少し古いですが、
コストパフォマンスは上記の本より
良いので、少しでも安くTOEICの過去問
を解きたい人にはこちらをお勧めします。

問題のレベルは上記の本と
ほぼ同じです。

これらの模試は韓国で販売されていますが、
アマゾンとちょいみらいさん
購入できます。

スポンサーリンク

4.おすすめの韓国模試のまとめ

まとめ▼

・解説が必要な人は日本語で
 販売されている模試がお勧め

・解説が不要で、コストパフォマンスを
 重視する人は韓国で販売されている
 模試がお勧め

・韓国模試は全般的にレベルが高いので
 中級者以上向け

韓国は日本以上にTOEICに熱心に
取り組んでいる人が多いので
TOEICの模試、書籍がたくさんあります。

ただ当然のことですが、
書籍によって質にバラツキが
ありますので、選ぶ時には注意して下さい。

基本的に韓国のTOEIC模試は
問題のレベルが高いので、
中級者以上向けです。

韓国の模試を上手に使って
TOEICのスコアをアップさせましょう。

又TOEIC模試のレビューを書きますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする