スポンサーリンク

TOEIC新形式の変更点。注意点と対策を解説

TOEICは第210回(2016年5月29日)から
形式が一部変更されました。

新形式になって約2年が経ち、
新形式でのテストも17回実施
されました。

私も新形式の公開テストを
6回受験しています。

今回の記事では新形式の変更点と
難易度の変化、対策について
書きたいと思います。

スポンサーリンク

1.新形式になって難易度はどう変わった?

結論から言うと、TOEICは新形式になって
試験の問題の難易度が上がりました。

新形式の試験を受験した多くの人が
以前の公開テストと較べて
難しくなったと言っています。

受験者の中には100点近く
点数が下がった人もいるとか・・・^^;

特にテクニックに頼って
テストを受験していた人には
厳しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

2.TOEIC新形式での変更点

新形式問題導入の背景について
TOEICを主催しているETSは
こう言っています。

テーマ:よりオーセンティック(実際的な)コミュニケーション

コミュニケーションの方法は
ここ10年で大きく変わってきていて、
その変化に合せてテストの形式を
変更したようです。

具体的には、テキストメッセージや
インスタントメッセージ、複数(3人以上)
の人々が参加する会話形式が新たに
加えられています。

又今回の変更で特に重点が置かれているのが
複数の情報源から得られる情報を紐付ける
能力です。

例えば地図やグラフ等の問題用紙に
印刷された視覚素材(visual image)
と流れてくる会話の情報を関連付けて
解答する設問がその一例。

新形式問題導入に伴う問題構成の変更点

変更前

パート  パート名 問題数
1 写真描写問題 10
2 応答問題 30
3 会話問題 30(3×10)
4 説明文問題 30(3×10)
5 短文穴埋め問題 40
6 長文穴埋め問題 12(3×4)
7 長文問題 28(1つの文書)
20(2つの文書)

変更後

パート パート名 問題数
1 写真描写問題 6
2 応答問題 25
3 会話問題 39(3×13)
4 説明文問題 30(3×10)
5 短文穴埋め問題 30
6 長文穴埋め問題 16(4×4)
7 長文問題 1つの文書(29)
2つの文書(10)
3つの文書(15)

パートごとの問題数の変更

パート1 10⇒6
パート2 30⇒25
パート3 30⇒39
パート4 30⇒30
パート5 40⇒30
パート6 12⇒16
パート7 48⇒55

変更点の概要

変更点を簡単に言うと
簡単なパートが減って、
難しいパートが増えました。(;_;)

特にリーディングはパート7(長文)
の問題量が増えたので、
今まで以上に時間内に問題を
解き終わるのが難しくなりましたね。

スポンサーリンク

3.パート別問題数と難易度の変化

+パート1

問題数は10問から6問に減りました。

パート1は比較的簡単なパートです。

初中級者にとってこのパートの
問題数が減ったのは痛いですね。

問題の難易度は親形式前より
若干易しくなっている気がします。

以前は上級者でも迷う問題がありましたが、
最近の問題は易しく、初中級者でも
全問正解を狙えます。

+パート2

このパートも問題数が30問から
25問に減りました。

パート2は親形式前から難しかったですが、
新形式になってさらに難易度に拍車が・・・

間接的な応答や、距離感が遠い問題が
多く、上級者も油断が出来ないパートです。

特に後半(20番から30番)に
難問が多いので、注意してください。

前半(7番から20番)は問題の難易度が
低めなので、初中級者はここで
点数を稼ぎましょう。

新形式になってからリスニングのパートで
一番難しくなっていますので
要注意です。

+パート3

問題数は30問から39問に増加。

問題形式の旧形式は全ての会話が2人
の会話でしたが、新形式では3人の
会話が加わりました。

3人の会話はやはり2人の会話と
比較すると、やや状況が掴みにくい
ですね。^^;

回によって異なりますが、
3人の会話は大体2セットです。

又会話の1文が短くなり
その分会話の量が増加した
問題も出題されています。

表や地図といった視覚情報と
音声の情報の両方を利用して
答えを出す新形式の問題も
新たに追加されました。

発言者の会話の意図を推測する
問題も新たに追加。

この会話の意図問題は選択肢が
紛らわしくなかなかやっかいです。
(私は嫌いです)

会話の意図問題は選択肢の違いが
微妙なものが多く、上級者でも
間違えてしまう問題があります。

初中級者の方は思い切って捨てて
他の問題に集中した方が良いかも
しれません。

パート3は全体的にかなり難しくなりました。
特に発話スピードが早いナレーター
の問題はかなり難しく感じます。

+パート4

問題数は30問で変化ありません。

問題の形式の変更はパート3と同じで
視覚情報が出てくる問題が追加されました。

パート3とパート4では
個人差があるとは思いますが、
パート4の方が若干難易度が
高いように感じます。

特に問題のセットによっては
状況がつかみにくい問題があり、
内容がよく分からないまま
会話が終わってしまうということも
ありますので、注意が必要ですね。

後ナレーターによってかなり難易度に
差が出るパートです。

視覚情報の問題は、図表を先読みしておく
ことをお勧めします。

+パート5

問題数は40問から30問に減少。

初中級者にとっては得点が
稼ぎやすいパートだっただけに
この変更は痛い!!

ただ問題のレベルは新形式になってから
若干易しくなったように感じます。

上級者でも悩むような問題は
最近あまり見かけません。

パート7の問題量が増えているので
パート5をいかに早く終わらせるかが
時間管理の上でとても重要に
なりますね。

上級者は1問15~20秒×30問で
7分半から10分で、初中級者の方も
1問30秒×30問で15分で終わらせましょう。

パート5の問題はいくら考えても
分からない問題は分かりませんから・・・

(追記)

2019年になってから難易度が
又上がっています。

かなり紛らわしい動詞の語法や
日本人が苦手な形容詞の用法が
問われています。

高得点を狙う人はきちんと
対策をすることをお勧めします。

+パート6

問題数は12問から16問に増加。

このパートも新形式になって
難易度が上がったパート。

難易度が上がった理由は
問題数が増えただけでは
ありません。

新しく出題されるようになった
空所に文章を補充する問題が
やっかいなのです。^^;

この欠文補充問題は上級者でも
時間がかかることがありますので
初中級者の方は難しいと思ったら
飛ばすのも1つの手です。

パート6で時間を取られると
パート7にかけられる時間が
減るので、気を付けましょう。

時間配分の目安は
上級者は1問20秒から30秒、
初中級者の方も1問1分以内で
処理しましょう。

パート5,6トータルで
上級者は大体15分から20分、
初中級者は25分から30分で
解き終わるのを1つのメドにして下さい。

+パート7

問題数は48問から54問に大幅増加。

問題量、難易度共に
大幅にアップしました。

しかも新形式前はシングルパッセージ
(1つの文書)とダブルパッセージ
(2つの文書)の問題だけでしたが
新形式後は、トリプルパッセージ
(3つの文書)の問題が加わり、
読まなければいけない
文章量も大幅に増加。^^;

最近の公開テストでは900点以上の
人でも全問解き終えることができない
こともあります。
(私も最近は大体時間内にやっと
解き終わります)

このパートはとにかく時間がきついので
解ける問題を確実に解くというのが
高得点のカギ。

多くの人はシングルパッセージ(1つの文書)
が一番易しくて、トリプルパッセージ
(3つの文書)が一番難しい
と思っていますが、必ずしもそうとは
限りません。

解きやすいと思う問題は人によって
異なりますので、どの順番から
解けば早く解けるかは色々
試してみて下さい。

ちなみに私は
シングルパッセージ⇒ダブルパッセージ
⇒トリプルパッセージという
何の面白みもない順番で
解いています。(爆)

満点取得者の中には
トリプルパッセージ⇒ダブルパッセージ
⇒シングルパッセージという順番で
解いている人が結構多いです。

上級者でも時間が少なくなると
トリプルパッセージの問題は
焦って間違いが多くなってしまう
みたいですね。

ただ逆から問題を解く時は
マークミスには気を付けて下さい。

私はマークミスがイヤなので
順番通りに解きます。(笑)

リーディングではやはり
パート7の出来がスコアに大きく
影響します。

リーディングで高得点を取るために
パート5,6をなるべく早く解いて、
パート7の問題を1問でも多く
正解することが重要です。

スポンサーリンク

4.TOEIC新形式変更点のまとめ

まとめ▼

・問題の難易度は上がっている
・リスニングではビジュアル問題
 会話の意図問題が出題
・リーディングはトリプルパッセージ、
 空所に文章を入れる問題が出題

新形式になってから間違いなく
TOEICは難しくなっています。

今までと同じ様な学習法、解き方では
点数が下がってしまう可能性も・・・

上で色々対策について書きましたが、
あまりテクニックに走るのではなくて
きちんとした英語力を身に付けて
対策をすることが重要だと考えています。

新形式になって、以前ほどテクニックが
あまり有効ではなくなったように
感じています。

個人的には良いことだと思っています。

又レベル別にお勧めの参考書は
順次紹介していきます。

TOEICが難しくなり、対策がなかなか大変ですが、
一緒に頑張って高得点を取れるように
頑張りましょう。

関連記事▼

TOEIC新形式の変更点。注意点と対策を解説
TOEICのリサイクル問題。過去問を事前に知る方法
TOEICは新形式から難化した?10回受験してみた感想

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする